小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

親はどう対応すべき?小学生の8割以上、中学生の9割以上が「体毛が気になる」

2023.06.20

新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけが5類へと移行してから、初の夏休みがやってくる。

コロナ前のように今年は海やプール、花火大会などのイベント解禁も期待できるなか、肌見せ&脱マスク(ノーマスク)の夏を間近に控え、現役の小・中学生は自身の「体毛」に対してどのような価値観をもっているのだろうか。

そこで、医療脱毛専門院『リゼクリニック』では、2023年4月26日から5月7日の12日間、小学生60名(男性30名・女性30名)・中学生240名(男性120名・女性120名)の計300名を対象に「小・中学生男女に聞く「自身の体毛」に関する調査」を実施した。

美容意識の低年齢化と親世代に伝えたい「子どもの体毛・脱毛」について

調査の結果、小学生8割以上、中学生9割以上が「体毛が気になる」と回答。性別だと「女性」は小中学生ともに9割以上、「男性」は小学生の7割、中学生の9割が「体毛が気になる」と回答していた。

同院では2021年も同調査を実施しており、「体毛が気になる」と回答した女性は2年前と比べ、小学生は15.5%上昇(2021年77.8%→2023年93.3%)、中学生は6%上昇(2021年92.4%→2023年98.4%)していることが判明。

「体毛が気になるタイミング」を聞いたところ、小学生の場合、女性が「半袖・半ズボンの時」、男性が「プール」、中学生の場合は、男女ともに「体育の授業(プール以外)」がトップ回答に。

「体毛処理の経験があるか」の問いには、小学生の4割、中学生の7割が「体毛処理したことがある」と回答。

「体毛を処理する理由」トップは、小学生の女性・中学生の男女は「自分自身が気になり始めたから」に対し、小学生の男性は「SNSやYouTubeをみて」と回答。

SNSや動画等で情報を得ていることが判明するなど、子どもたちの価値観に大きな影響を与えていることが分かった。

最後に体毛処理の方法について尋ねたところ、小・中学生ともに「カミソリ」が最多となった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。