小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

外国人はパスポート必須!テロによって大きく変わったインドネシアにおけるSIMカードの購入方法

2023.06.21

海外旅行の快適性を左右する「データ通信問題」。インドネシアでSIMカードを買ってみたら…

海外旅行における通信問題。これは旅行が長期になればなるほど深刻な問題になっていく。

普段は日本で使用しているスマホを海外でも使う、ということは確かにできる。が、データ通信にかかる料金は決して安いものではない。従って、現地のSIMカードを購入することが最も安く上がる方法ではあるのだが、ここにもまた問題がある。

敢えて飛躍した文言を持ってくるが、我々はこのあたりで「テロリズムとの戦い」に巻き込まれているのだ。

ジャカルタを震撼させたテロ

2016年1月14日。

その時、筆者はインドネシアの首都ジャカルタのサリナ・ショッピングモールの前にいた。ここは有名な老舗デパートで、少年時代をジャカルタで過ごしたアメリカのバラク・オバマ元大統領はよくサリナへ出かけていたという。

このサリナの真正面で無差別テロ事件が発生した。

拳銃で応戦する警察官、自爆した犯人、逃げ惑う人々、それと入れ替わるように大通りへ駆け出すインドネシア陸軍の装甲車。空挺徽章を胸に着けた指揮官が、整列した兵士たちの前に立って指示を出している。

道の片隅で女性が号泣していた。が、ここは既に戦場である。うずくまって泣いていることすら許されない。彼女は陸軍の兵士に保護されていった。

市民も犠牲になったこのテロは、インドネシアの通信事情を大きく変えるきっかけになった。

それまでのインドネシアは、携帯電話のSIMカードがあらゆるところで販売されていた。「あらゆるところ」というのは、通信会社公認のショップに留まらない。

何と、SIMカードだけを売る個人経営の屋台もあった。それを購入したら、あとは端末に差し込むだけ。その瞬間から新しい番号で通信を開始できる。

これをテロリストに利用されたのだ。彼らは野放図に販売されていたSIMカードを使って、仲間と連絡を取っていた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。