小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

出遅れた米国小型グロース株の復活に必要な3つの条件

2023.06.16

三井住友DSアセットマネジメントはこのほど、チーフストラテジストの石山仁氏による「出遅れ米小型株。復活の条件を探る(2)~小型グロース株の復活は近い?」と題したマーケットレポートを公開した。

小型グロース株の復活は近い?

米小型株(ラッセル2000)は23年3月にシリコンバレー銀行の経営破綻などの金融不安から大きく調整した。その後も総じて戻りの鈍い展開だったが、6月に入ってから戻り基調に転じている。

スタイル別にみると、小型グロース(ラッセル2000グロース)が年初来高値に近付く勢いだ。出遅れていた小型株だが、小型グロースを中心にいよいよ動意づき始めているようだ。

今回は小型株の中心となる小型グロースが復活するための条件を、①株価水準:バリュエーション、②成長の源泉:企業業績、③成長の加速要因:M&A、の視点で整理する。

満たされ始めた復活の条件

(1)株価水準:バリュエーション~割高感が解消

1点目はバリュエーションだ。小型グロースの予想株価収益率(PER)は、20年3月の45倍から21年2月の189倍まで急激に上昇した。中でも通信株セクターの予想PERは21年1月に360倍に達するほどの過熱ぶりとなった。

その後、通信株セクターの予想PERが大きく低下する中、小型グロース全体のバリュエーションも大きく調整した。

6月8日時点の予想PERは43倍だ。予想PERの過去の平均値が45倍なので、小型グロースの割高感は解消されたと考えられる。ちなみに通信株セクターの予想PERは30倍だ。

(2)成長の源泉:企業業績~順調な利益成長

2点目は企業業績だ。小型グロースの1株当たり予想利益の伸びは23年が前年比▲2.1%、24年が同+35.0%、2年間の平均は年率+15.0%。一方、大型グロース(ラッセル1000グロース)は23年が同+6.9%、24年が同+14.2%で、年率は+10.5%だ。

小型グロースは23年の減益予想を考慮してもなお利益成長率の高さがうかがえる。なお、小型も大型もバリューの利益成長は低位での推移となりそうだ。

四半期ベースでみると予想利益の伸びが一段と鮮明になる。小型グロースは23年4-6月まで前月比で悪化する。しかし、7-9月以降は順調な利益成長が予想されており、24年10-12月には22年10-12月の過去最高益に迫る見通し。

ちなみに、23年4-6月の1株当たり予想利益が8.1米ドル、24年10-12月が14.1米ドルだ。PERが一定としても1.8倍の株価上昇となる可能性が示唆される。

(3)成長の加速要因:M&A~陰の極

小型グロースが成長するためにはM&Aも重要。なぜなら成長を求める大企業が、特にテクノロジーを中心に企業買収を行うことが多いからだ。過去においても産業構造の変化に応じ、ハイテク主導でM&Aが増加し、小型グロースをけん引した。

足元では、利上げの累積効果や金融不安、景気後退懸念から買収額は大きく減少している。今後、米国の利上げが終了し、金融環境に安心感が広がれば、業績の好調さと相まって、ハイテク主導のM&Aが再び増加基調に戻る可能性は高いと思われる。

【今後の展開】小型グロース株の復活は近い

今回確認したように、小型グロースは、①バリュエーション面から割高感が解消している、②順調な利益成長が期待できる、③金融環境に安心感が広がれば成長をけん引するM&Aの回復が期待できる、など、復活の条件が整いつつある。いよいよ小型グロース株の復活は近い、と考えられる。

※個別銘柄に言及しているが、当該銘柄を推奨するものではない。

<解説>
石山仁氏(三井住友DSアセットマネジメント・チーフストラテジスト)

出典元:三井住友DSアセットマネジメント

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。