小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

限られたスペースを有効活用!「壁活リフォーム」でモノがあふれる空間をスッキリさせるテクニック

2023.07.02

収納スペースが足りないといって家具や収納ボックスを追加すると、生活空間そのものが狭くなってしまうもの。ここでは現状の空間をあまり占拠しない〝壁〟を活用した収納リフォームプランを紹介する。

収納はスペースより目的。暮らしやすくなるのが大前提

 ミニマルライフが注目される時代だが、収納スペースを充実させたいという人はやはり多い。

「一般に収納量を確保している部屋は、片付けやすく散らかりにくい。ただ収納は、量だけでなく場所が重要。散らかりやすい玄関やキッチン、洗面所は、住む人が使いやすい場所につくるべきですね」(家づくりコンサルタント・船渡亮さん)

 右のデータによると、収納スペースのニーズが高いのはリビングと寝室となっている。

「リビングは、子供の成長で散らかるものが変わります。壁面収納等で量を確保し家族の変化に対応したいですね」(船渡さん)

 近年では壁を活用して収納を増やすリフォームプランが充実。思い切ってリフォームしたほうが、家具を買うよりお得かもしれない。

収納スペースを増やすとしたらどこに欲しい?

収納スペースを増やすとしたらどこに欲しい?

リビングと寝室が第1位。寝室にはクローゼットがあるケースも多いが、それでも収納が足りないようだ。住まいづくり研究所調べ

生活感あふれるリビングをスッキリさせたい!

広い壁を余すことなく活用できるアイテムといえば、システム壁面収納が筆頭株。様々な用途のユニットを組み合わせれば、自身のライフスタイルにぴったりの収納スペースを構築できる。

多彩な機能を持つシステム収納を導入する

大建工業『MiSEL(ミセル)』

大建工業『MiSEL(ミセル)』7万4300円(写真のプラン)

日本の標準的な住宅をベースに設計した収納棚なので、壁面をフル活用できる。掃除機や衣服用など多彩なユニットを用意し、様々なライフスタイルに対応してくれる。

大建工業『MiSEL(ミセル)』

以前は、カラーボックス、テレビ台などが並び、雑然とした印象。『MiSEL』にすれば統一感が出たうえ、デッドスペースとなっていた壁の上部も活用できた。

費用:7万4300円〜+施工費  工事期間:約1日

収納スペースをもっと有効に使いたい

クローゼットや押し入れなどでも、活用しきれないデッドスペースは存在するもの。その部分に棚などを取り付けることで、新しい収納を生み出すことができる。

汎用性の高いすっきり棚で収納量アップ

リクシル『すっきり棚』

リクシル『すっきり棚』1万8000円〜

棚板と棚柱、固定金具のみで構成された収納棚。どんな空間にもマッチするよう、3色の金物、22色の棚板など豊富なカラバリを用意。

リクシル『すっきり棚』

クローゼットに取り付けた施工例。ハンガーラックと合わせて設置することでカゴや帽子用ケースなどが収まった。

リクシル『すっきり棚』

デッドスペースになりがちなクローゼットや押し入れ、パントリーの上部分などに取り付けられる。

費用:1万8000円〜

雑然としがちな玄関をスッキリさせたい

子供がいる家庭や靴が多い人は、どうしても玄関が雑然としてしまう。そんな悩みを解消しようと、今、玄関周りのリフォームで人気なのがシューズインクロークだ。スペースに余裕があるなら検討してみては?

リフォームで人気のシューズインクロークを設ける

南海プライウッド『ウォールゼット エノーク2』L字形 33万220円 U字形 21万9230円

靴や傘だけでなく、屋外で頻繁に使うベビーカーや三輪車、コート、収納しにくいブーツなどを玄関周りに集中的に収納できる。家族とゲストの動線を分けられるので〝自宅の顔〟ともいえる玄関をスッキリとした印象にできる。

南海プライウッド『ウォールゼット エノーク2』

設置するスペースや収納量に合わせて、L字形、U字形、さらにはI字型に設置可能。ミリ単位での調整にも対応する。

南海プライウッド『ウォールゼット エノーク2』

「置く」「吊るす」「しまう」「掛ける」といった機能を備えるパーツを用意。コートも掛けられるので、花粉や梅雨の季節は助かる。

費用:21万9230円+施工費

家具を増やしてスペースをつぶしたくない

収納を増やすために家具を設置すると部屋が狭くなる。そんな悩みを解消するが、壁をくり抜くように設けることで、部屋の広さをそのまま保てる〝ニッチ収納〟だ。

壁の厚みを利用するニッチ収納を設ける

   ワークスペースに設置した例。文具などを置けば、デスク周りを整然と保てる。

南海プライウッド『アドキューブ』6万5000円〜

柱などの構造体を避けて壁をくり抜いた部分に設ける収納棚。「ベースボックス」(H432mm、592mm、880mm、1200mm)に、開戸や棚板、パイプなどを追加することで、様々な用途に対応できる。

南海プライウッド『アドキューブ』

南海プライウッド『アドキューブ』

壁の厚みを利用した収納なので、圧迫感のないトイレ空間に。中には、トイレットペーパーや洗剤などが収まる。

   ワークスペースに設置した例。文具などを置けば、デスク周りを整然と保てる。

ワークスペースに設置した例。文具などを置けば、デスク周りを整然と保てる。

費用:6万5000円+施工費

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。