小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アウトドアや災害時の備えに!国産メーカーならではの安心感が魅力のJVC製ポータブル電源の選び方

2023.06.16PR

スマホやノートパソコンなどの充電、家電製品への給電など、様々な用途に使えるポータブル電源。自宅に1台あればレジャーだけでなく、災害などで停電になった時にも役立ちます。

この記事では、ポータブル電源を豊富に展開している「JVC」から、おすすめの製品を紹介します。選び方についても解説しているので、ポータブル電源の購入を検討中の方は参考にしてください。

災害時やキャンプにおすすめのJVC製ポータブル電源の選び方

JVC製ポータブル電源の中で製品を選ぶ際は、充電池容量やAC出力の大きさ、製品のサイズや重さ、搭載しているコンセントやUSB端子の数などをチェックするといいでしょう。

基本的には、充電池容量やAC出力の大きさが大きい製品ほど、出力端子の数や種類も充実しています。一方で、容量や出力が大きくなるほど本体のサイズが大きくなり、重さも増す傾向にあります。購入する際は、用途に合った製品を選ぶことが重要になるでしょう。

【参考】車中泊の必需品!あると便利なポータブル電源のおすすめモデル5選

JVCのポータブル電源の特徴は?

JVC製のポータブル電源は、日本メーカーの高い品質管理基準をクリアしている点や、国内メーカーなので購入後のサポートが受けやすい点などが特徴として挙げられます。本体のボタンや差込口の表記が日本語だったり、ふるさと納税の返礼品になっていたりするのも、日本のメーカーの製品ならではです。

コスパに優れたJVCポータブル電源のスタンダードモデル「BN-RB62-C」

BN-RB62-C は、標準的なサイズのポータブル電源です。ACコンセントを2口に加え、USB Type-Aのポートを3口、シガーソケット1口とDC端子2口も備えています。

充電池容量は626Wh。ノートパソコンなら約10時間、スマホなら約35回の充電が可能です。AC出力は500Wなので、電動工具や炊飯器などの様々な家電製品が使えます。執筆時点(2023年5月中旬)では、Amazon、楽天市場で5万円強となっており、ポータブル電源としては比較的手を出しやすい価格となっています。

【参考】JVCKENWOOD STORE JVC BN-RB62-C

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

スマホ充電が約56回もできるJVCのパワフルポータブル電源「BN-RB10-C」

1002Whの充電池容量がある、パワフルなポータブル電源です。スマホの充電は約56回可能。1000Wの出力が可能で、消費電力が大きい電気ポットも約2.5回使用できます。

コンセントが3口あり、小型の冷蔵庫や電気毛布も使えるので、キャンプなどアウトドアのほか、災害時の備えとしても重宝します。USB出力は4口あり、2口はUSB Type-C、残り2口はUSB Type-Aで、うち1口はQuick Charge 3.0に対応しています。

【参考】JVCKENWOOD STORE JVC BN-RB10-C

楽天市場での購入はこちらから

超ハイスペックのJVC最強ポータブル電源「BN-RB15-C」

BN-RB15-C は2022年発売の新機種で、現行品の中では最も充電池容量が大きく、AC出力も大きいのが特徴です。

充電池容量は1534Wh。ノートパソコンを約23時間稼働でき、スマホの充電は約81回行えます。AC出力は1800Wにもなり、一般的なポータブル電源では使用できないことも多いIH調理器やドライヤー、電子レンジなどにも対応しています。

DC入力端子を2個搭載しているのも大きな特徴で、付属するポータブルソーラーパネル用アダプターを使って最大4枚のソーラーパネルを同時に接続できます。最大100Wの出力が可能なBH-SP100A-Hを4枚接続すると、約8時間で充電が完了します。

【参考】JVCKENWOOD STORE JVC BN-RB15-C

持ち運びも便利なJVCポータブル電源のコンパクトモデル「BN-RB37-C」

BN-RB37-Cは重さが3.6kgしかなく、コンパクトな点が特徴の機種です。持ち運びに便利なので、キャンプなどのアウトドアレジャーにおすすめです。他のJVCのポータブル電源とも共通する特徴ですが、ハンドルが折り畳み式なので自動車にも積みやすい形になっています。

サイズがコンパクトな分充電池容量やAC出力の大きさは他のモデルに及びませんが、それでも375Whの容量と200Wの出力を備えています。スマホの充電は約21回可能。扇風機や電気毛布も使えます。

【参考】JVCKENWOOD STORE JVC BN-RB37-C

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

JVCのポータブル電源はソーラーパネルと一緒に使うと便利?

ポータブル電源は非常に便利な製品ですが、電気を使えば電池残量は減り、充電しないといずれは使えなくなります。そこでおすすめなのは、屋外でもポータブル電源の充電ができる「ソーラーパネル」を使うことです。

キャンプで連泊する場合や、災害時のように数日にわたってポータブル電源を使用しなければならない時などは、特に重宝するでしょう。

BH-SP100A-Hは、最大出力100Wのポータブルソーラーパネルです。ポータブル電源BN-RBシリーズに対応しています。

JVC製のポータブルソーラーパネルには、このほかにも出力が100WのBH-SP100-C、出力が68WのBH-SP68A-HとBH-SP68-Cがあります。購入する際は、手持ちのポータブル電源に対応しているモデルを選びましょう。

【参考】JVCKENWOOD STORE BH-SP100A-H

楽天市場での購入はこちらから

※データは2023年5月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。