小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

値上げによってビジネスパーソンが節約を意識しているもの、3位レジャー費、2位光熱費、1位は?

2023.06.16

全国25万店舗以上の飲食店やコンビニで利用できる食事補助サービス「Ticket Restaurant」を提供するエデンレッドジャパンは、全国の20~50代の役員含む経営者とビジネスパーソンを対象に、6月の値上げラッシュを目前に控えたランチの実態調査を実施。

回答結果をグラフにまとめて発表した。本稿では、その概要をお伝えしていく。

<調査対象:一般社員300名>

9割が6月の値上げで“節約”を意識

 

一般社員300名を対象に、6月の値上げの影響で節約を意識するか聞いたところ、9割もの人が「とても意識する/やや意識する」と回答。

また節約を意識する項目を聞くと、1位は光熱費を押さえ、「食費(72.6%)」に。6月は、電気料金が14~42%の値上げになることがわっているが、家計の中でもコントロールしやすい「食費」が第一の節約対象となっていることが推察できる。

家計が苦しいのは約8割、さらに昨年より苦しいと感じている人は4割以上

6月の値上げを前に、昨年と比較し、家計が苦しくなっているか聞いてみると、「昨年から苦しいと感じていたが、今年からさらに苦しく感じるようになった」と回答した人が4割以上(42.7%)に。

「昨年から苦しいと感じていて、今年も同程度に苦しいと感じている人」を合わせると、約8割(78.4%)の人が家計が厳しいと感じていることが明らかになった。長引く物価高・値上げが、より一層家計を圧迫しているようだ。

ランチ代平均は400円に、前回436円より大幅ダウン

勤務日に使えるランチ代に変化があったかを聞くと、約4割(38.3%)が「減った/やや減った」と回答。

前回調査(2022年9月実施)では、33.7%であったことから、長引く物価高・値上げの影響で食費節約の影響が、より一層ランチ代に及んでいると考えられる。 

また、ここ最近の勤務日のランチ代平均は、400円であることが判明。前回調査のランチ代平均436円(※)から大幅ダウンしており、厳しいランチ事情が判明した。
※ 「ビジネスパーソンのランチ実態調査2022」より、経営者・役員除く一般社員のランチ代を算出

ビジネスパーソンの7割が価格を理由に食べたいランチメニューを我慢した経験あり

勤務日のランチで食べたいメニューを我慢したことがある人は、7割(69.3%)にのぼり、過去2年の調査(※)の中でも最多となった。

長引く物価高・値上げの影響により、食費を節約するビジネスパーソンがますます増加。ランチの自由度が制限されており、ランチ事情はさらに悪化傾向にあると言える。
※2021年12月実施「ビジネスパーソンのランチ実態調査2021」、2022年9月実施「ビジネスパーソンのランチ実態調査2022」との比較

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。