小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

初代モデル発売は2015年!歴代「iPad Pro」のディスプレイサイズと解像度を比べてわかった進化の軌跡

2023.06.10PR

タブレットの人気シリーズといえば、アップルのiPadシリーズでしょう。中でも、動画、画像の編集などにも使える、高性能シリーズがiPad Proシリーズです。

執筆時点(2023年5月中旬)では、Apple StoreよりiPad Pro 11インチ(第4世代)と、iPad Pro 12.9インチ(第6世代)が購入可能。加えて、過去には9.7インチモデルも販売されており、iPadシリーズの一部であるiPad Proだけを見ても、歴史を積み重ねてきたことがわかります。

そこで本記事では、歴代iPad Proシリーズのディスプレイに着目し、サイズの推移や解像度の違いを比較していきます。

初代iPad Proは2015年11月発表! 気になるディスプレイサイズ、解像度は?

iPad Proの初代モデルが発表されたのは2015年11月。初代モデルのディスプレイサイズは現行の大画面モデルと同じく12.9インチでした。ディスプレイ解像度は2732×2048ピクセルで、LEDバックライトMulti-Touchディスプレイが採用されています。

初代iPad Pro

初代モデルの登場から約半年後の2016年3月には、iPad Pro 9.7インチが発表。搭載チップセットは、先に発売されているiPad Pro 12.9インチと同じA9Xチップのため、後続機というよりは、同世代のコンパクトなモデルが後から登場したイメージでしょう。

iPad Pro 9.7インチ

ディスプレイはこちらもLEDバックライトMulti-Touchディスプレイで、解像度は2048×1536ピクセルとなっています。

さまざまなディスプレイサイズのiPad Proが続々登場

第2世代のiPad Proが登場したのは、2017年6月です。初代モデルと違い、ディスプレイサイズの違うiPad Proが同時に発表となりました。

大画面モデルは12.9インチで、ディスプレイ解像度は2732×2048ピクセルと、初代モデルと変わらないスペックのディスプレイとなっています。一方、比較的コンパクトなモデルは10.5インチに変更し、解像度は2224×1668ピクセルです。

2018年10月に発表されたのが、iPad Pro 12.9インチ(第3世代)と、iPad Pro 11インチ(第1世代)。現在まで続く11インチモデルはここが初登場。ホームボタンを廃止し、オールスクリーンのデザインとなったのに加え、ディスプレイはIPSテクノロジー搭載のLiquid Retinaディスプレイへと進化。Apple Pencil(第2世代)に対応した、最初のiPad Proシリーズです。

iPad Pro 12.9インチ(第3世代)は、ディスプレイ解像度が2732×2048ピクセル。ディスプレイ素材が変わったのに加え、解像度も上がっていることがわかります。画面輝度は、600ニトでした。

iPad Pro 11インチ(第1世代)は、解像度が2388×1668ピクセル。画面輝度はこちらも600ニトです。

iPad Proシリーズは12.9インチ、11インチディスプレイで定着。解像度に進化はある?

2019年はiPad Proシリーズの新製品が発売されず、後続モデルは2020年3月に発表されています。2020年以降、iPad Proシリーズは12.9インチモデルと11インチモデルで定着しました。

iPad Pro 12.9インチ(第4世代)は、解像度2732×2048ピクセルで600ニト、iPad Pro 11インチ(第2世代)は解像度2388×1668ピクセルで600ニト。どちらも、前モデルからスペック上の変化はありません。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)、iPad Pro 11インチ(第3世代)は、2021年5月より発表。アップルの自社開発チップセットである「M1チップ」が搭載された最初のiPadシリーズとして話題を呼んだモデルです。

ディスプレイの進化ポイントとしては、本モデルよりミニLEDバックライトを採用したLiquid Retina XDRディスプレイへと変更。XDR輝度がフルスクリーン最大1000ニト、ピーク輝度が1600ニト(HDRコンテンツのみ)となっています。

ディスプレイ解像度は、iPad Pro 12.9インチ(第5世代)が2732×2048ピクセル、iPad Pro 11インチ(第3世代)が2388×1668ピクセルと、前モデルから変わりませんが、ディスプレイ素材の変更やピーク輝度の向上により、高性能になっているといえます。

2022年10月には、M2チップを搭載したiPad Pro 12.9インチ(第6世代)とiPad Pro 11インチ(第4世代)が登場。執筆時点でのiPad Pro最新モデルです。

ディスプレイスペックは前モデルから変わらず、iPad Pro 12.9インチ(第6世代)が2732×2048ピクセル、iPad Pro 11インチ(第4世代)が2388×1668ピクセルとなります。

・iPad Pro 12.9インチ(第6世代)

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

・iPad Pro 11インチ(第4世代)

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

iPad Proのディスプレイ解像度比較!

ここまで紹介してきた、歴代iPad Proシリーズのディスプレイ解像度(サイズ)をまとめると、下図のようになります。

冒頭でも触れた通り、iPad Proシリーズはクリエイターも使える高性能が売りのハイエンドモデルなので、最新モデルにこだわりがないという人であれば、数年前のモデルを入手するのもおすすめ。どのモデルを購入するかの決め手の1つとして、ディスプレイに注目してみてはいかがでしょうか。

※データは2023年5月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。