小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

電気代が年間1万円以上も削減できる!省エネ洗濯乾燥機選び3つのポイント

2023.07.09

洗濯乾燥機

洗濯から乾燥まで使うならドラム式に軍配

 ドラム式洗濯乾燥機には省エネ達成率の基準はないため、電気代は、消費電力量÷1000×1kWh当たりの電気代で試算、水道代は使用水量×1当たりの水道単価で算出できる。

「洗濯だけならさほど電気代はかからないのですが、乾燥機能を使うと一気に上がる。洗濯から乾燥まで洗濯機におまかせ、という共働きの子育て世代なら、省エネ性に優れ、乾きも早いヒートポンプ式1択です」

 一方、タテ型で乾燥機能が付いたモデルもあるが、こちらはヒーター式乾燥のため電気代も高め。「節電の観点では、タテ型は基本的に洗濯使用に徹し、乾燥機能は予備と考えること。最低限の時間に抑えて使えば省エネできます」

省エネ【洗濯乾燥機】選びの3POINT

1. タテ型よりドラム式

大量の水で洗浄するタテ型洗濯乾燥機は、水道代がドラム式よりかかるが、洗浄力は折り紙付き。干せるならタテ型、乾燥まで使うならドラム式が省エネの考え方。

タテ型よりドラム式

2. ヒーター式よりヒートポンプ式

ヒートポンプ式の乾燥は、湿気を含んだ空気を除湿して機外に排水し、乾いた温風で乾燥させる仕組み。ヒーター式に比べて、省エネ効果が期待できる。

ヒーター式よりヒートポンプ式

3. 自動投入機能で洗剤もムダなし

節約機能として洗剤や柔軟剤の自動投入機能は必須。洗剤の入れすぎのムダや、面倒な入れ替えの手間も防げてコスパ&タイパUP。

自動投入機能で洗剤もムダなし

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。