小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最新モデルは節電効果も絶大!電気代も食品ロスも減らせる省エネ冷蔵庫選び3つのポイント

2023.07.09

外から庫内を確認できる機能は食品ロスを減らし、節約に役立つ

 冷蔵庫選びのポイントは「大きいサイズを選ぶ」こと。

冷蔵庫は食材を詰め込みすぎると冷気の循環が悪くなり、電力が余計にかかります。余裕を持って選びましょう」(前出・和田さん)

 大型より小型のほうが電力負荷が高いのは冷蔵庫の常識だという。

「4人家族は400~500Lが目安といわれますが、置き場所があれば、作り置きや買いだめの食品もストックできる500L以上をおすすめしたいですね」

 また、ドアを10秒開けたままにすると、庫内温度は3~5℃上昇するため、個別にドアの開閉が可能なフレンチドアのほうが省エネ向き。機能としては、外出先から庫内をチェックできるアプリ対応だと、二重買いのムダを減らせる。

省エネ【冷蔵庫】選びの3POINT

1. 省エネ基準達成率をチェック

現在の省エネラベルに表記される冷蔵庫の省エネ基準達成率は、2021年度が基準。約2年が経過し、達成率100%を超えつつ、低価格で購入できるモデルも多い。

省エネ基準達成率

2. 設置スペース内の最大サイズを選ぼう

冷蔵庫は大型ほど断熱材を使えるため、電気代が安い。最近は薄型がトレンドになり、狭いスペースに収まる大型モデルも増えている。

3. スマホ連動モデルで賢く省エネ

対応アプリの機能もポイント。カメラや重量センサーで庫内の食品在庫を確認できたり、位置情報から帰宅を検知し、庫内温度を調整するなど、省エネに大幅に貢献するアプリも。

スマホ連動モデルで賢く省エネ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。