小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日本株に投資する海外投資家の売買シェアトップは欧州、近年はアジア投資家の存在感も上昇

2023.06.02

海外投資家の日本株売買状況を北米、欧州、アジアといった地域別でみた場合、もっとも日本株を売買している地域は、いったいどこになるのだろうか?

三井住友DSアセットマネジメントはこのほど、同社チーフマーケットストラテジスト・市川雅浩氏がその時々の市場動向を解説する「市川レポート」の最新版として、「海外投資家の地域別日本株売買状況」と題したマーケットレポートを発表した。レポートの詳細は以下の通り。

海外勢は4月に約2兆2,000億円買い越したが、欧州が約1兆7,000億円の買い越しで最大に

日本取引所グループは、海外投資家の日本株売買状況について、地域別に月間と年間のデータを公表している。具体的に、地域は「北米」、「欧州」、「アジア」、「その他地域」の4つに分類されている。

そこで今回のレポートでは、直近の月間データである4月分を用いて、地域別に海外投資家の日本株売買状況を検証するとともに、年間データで2013年から2022年までの地域別売買状況の推移を振り返る。

はじめに、4月のデータからみていくと、海外投資家は4月に現物株を約2兆2,000億円買い越した。

買い越し額が2兆円を超えるのは、2017年10月以来、5年半ぶりのことで、海外投資家の買いが、新年度入り後の日本株上昇の大きな原動力になったと考えられる。

地域別にみると、欧州が約1兆7,000億円の買い越しと、最大の買い手だったことがわかる(図表1)。

3月の海外勢の大幅売り越し時も欧州が最大の売り手に、そこで過去の地域別売買状況を検証

なお、海外投資家は、米欧の金融不安でリスク回避姿勢が強まった3月には、現物株を約2兆3,000億円売り越しており、このうち欧州が約1兆3,000億円の売り越しと、最大の売り手となった。

海外投資家は、4月の買い越しで3月の売り越しをほぼ埋めた形になったが、投資部門別売買状況の週間データをみると、5月に入ってからも、第1週、第2週と買い越しを続けている動きが確認されている。

このように、海外投資家は3月に現物を大きく売り越し、4月に大きく買い越したが、いずれにおいても欧州の存在感が突出している。

そこで、次に2013年から2022年までの年間データを用い、地域別売買状況の推移を確認する。手順としては、地域別に売買金額を合計し、全体の売買金額に占める割合を算出し、年間の地域別売買シェアの変化をみていく。

過去10年で欧州が最大の売買シェアを有しアジアのシェアも増加、全体の売買金額は増加傾向

結果は図表2の通りで、2013年から2022年の間、欧州が最大の売買シェアを占めていることがわかる。

欧州のシェアは、2013年が59.4%だったが、2022年には74.5%に達しており、この10年で緩やかながらも増加傾向にある。

また、アジアについても、シェアは2013年の9.4%から2022年は17.1%に増加している。一方、北米のシェアは、2013年の30.8%から2022年は7.9%に減少しており、近年ではアジアを下回っている。

全体の売買金額の総計に着目すると、2013年は約670兆円だったが、2022年は約1,041兆円に増加している。

以上より、日本株に投資する海外投資家については、欧州の投資家が最大の売買シェアを有し、近年ではアジアの投資家の存在感が高まっているといえる。

また、全体の売買金額の総計も増加傾向にあることから、海外投資家は日本株の売買を増やしてきていると推測される。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。