小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日本人が信頼していない組織や機關TOP3、3位NGO/NPO、2位メディア、1位は?

2023.05.25

日本人が最も「信頼できない」と考える組織や機関とは、いったい何だろうか?

エデルマン・ジャパンはこのほど、世界28カ国、約32,000人を対象に実施した信頼度調査「2023 エデルマン・トラストバロメーター」の日本の調査結果を発表した。

日本で最も信頼されていないのは政府と政府のリーダー

本調査結果によると、日本人の組織や機関に対する信頼度では、政府に対する信頼度は33%と前年度比で3%低下しており、企業(47%)、NGO/NPO(38%)、メディア(34%)と比較すると、政府が最も信頼されていないことが明らかになった。

政府に対する信頼度は2011年の東日本大震災後に急落して最下位となったが、その後2014年から昨年までの9年間はメディアかNGO/NPOに対する信頼度が最も低い状況が続いていた。政府が信頼度において最下位となったのは、2013年以来、実に10年ぶりの結果となる。

また、「人」に対する信頼度においても、「自分の同僚」(+8ポイント、60%)、「自国の地域社会の住民」(+6ポイント、47%)、「自分の勤務先のCEO」(+4ポイント、46%)といった身近な人々に対する信頼度が上昇しているのに反して、「政府のリーダー」に対する信頼度のみが前年度比で6ポイントも低下し、22%と最も信頼されていないことが明らかになった。

旧統一教会問題や東京オリンピック・パラリンピックを巡る汚職事件など、不透明な政治に対する国民の不満が信頼度に表れる結果となったことが伺える。

高まる社会的不安と深まる社会的分断

日本では昨年初めて出生数が80万人を下回り、少子高齢化がますます加速している。そうした現状は、本調査結果においても日本人の将来に対する不安として顕著に表れている。「自分と家族の経済的見通しについて、5年後の状況が良くなっている」と回答した日本人はわずか9%で、前年度比で6ポイント低下し、昨年に引き続き調査対象国の中で最下位だった。

昨年の調査においても上昇傾向にあった日本人の失業に対する不安は、コロナ禍による不確実な経済環境やテクノロジー失業に対する懸念からか、さらに8ポイント上昇し82%となった。

現状の社会課題に対する不安も尽きず、グローバル平均では気候変動に対する不安が最も高い一方で(グローバル平均:76%、日本:77%)、日本ではエネルギー不足に対する不安が80%と最も高く、グローバル平均の66%を大きく上回った。

人々の社会的不安は社会的分断を生み出す。信頼度指標「トラスト・インデックス」(各国民の政府、企業、メディア、NGO/NPOに対する信頼度の平均値)を所得別で比較すると、上位25%の高所得者(64)と下位25%の低所得者(49)との間には、グローバル平均で15ポイントもの信頼度の格差があり、日本においてはそれを上回る19ポイントものギャップがあることが明らかになった。

二極化する世界において企業に求められるものとは

Y軸を自国がどれだけ分断されているか、X軸をその分断がどれだけ定着しているかとして、各調査対象国がどれだけ二極化しているかを調べた。調査対象28カ国のうち米国を含む6カ国において二極化が深刻化しており、日本は二極化が深刻化する危険性のあるレベルに位置していることが明らかになった。

「私の国はかつてないほどの分断に直面している」と答えた日本人回答者は35%とグローバル平均の53%を大幅に下回ったものの、「かつてこの国を一つにまとめていた社会構造は、団結と共通の目的のための基盤として機能するにはあまりにも弱くなっている」と回答した日本人は56%に上り(グローバル平均:62%)、社会構造の弱体化を懸念する結果となった。

敵対的な外国政府や裕福な権力者が「社会を分断する勢力」と見なされている一方で、ビジネスリーダーは「社会を統一する勢力」として見なされている。ビジネスリーダーが「社会を分断する勢力」か「統一する勢力」かのどちらだと思うかを尋ねたところ、グローバル平均では「分断」32%/「統一」41%であったのに対し、日本では「分断」22%/「統一」47%と、日本人はグローバル平均以上にビジネスリーダーに期待していることが明らかになった。

二極化する世界において、企業に対する期待は高まりを見せており、エネルギー不足や、気候変動、経済的不平等や従業員のリスキリングといった様々な社会的課題にこれまで以上に取り組むことが企業に求められている。

エデルマン・ジャパンの代表取締役社長、メイゲン・バーストウ氏は次のように述べている。

「不安や不信が高まり、二極化が深刻化する世界において、私たちの生活の基盤となる組織や機関は、より豊かな未来のために、絶望の声ではなく、希望の光としての役割を果たさなくてはなりません。

そして、その希望を現実のものとするために、協力して行動を起こす必要があります。企業がこれをリードすることで、信頼を獲得することにつながり、その結果継続的なビジネスの成功につながるのです。」

<エデルマン・トラストバロメーターについて>
「エデルマン・トラストバロメーター」は、今年で23年目となるグローバルな信頼度調査だ。本調査はエデルマンの調査部門であるEdelman Trust Instituteが、2022年11月1日から11月28日にかけて、30分のオンライン調査を実施して集計している。調査対象は、28カ国における約32,000人。

出典元:エデルマン

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。