小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iOSのアップデートで最新バージョンの詳細を確認し更新する方法

2023.05.26

普段何気なくiPhoneを使っていると、不定期的にソフトウエアのアップデートが配信されますが、「アップデートしても変化がわからない」と感じた人もいるのではないでしょうか。

本記事では、最新バージョンが配信された際に、アップデートの内容を確認する方法や、手動、自動でソフトウエアのアップデートを行う設定方法を紹介していきます。

iOSの最新バージョンが配信されたら内容はどうやって確認する?

iOSの最新バージョンがリリースされた際には、基本的に通知が来るようになっているので、そちらをタップすれば詳細の確認ができます。仮に通知を消してしまっても、設定アプリの「一般」>「ソフトウェアアップデート」より、アップデート情報をチェックできます。

「ソフトウェアアップデート」のページには、最新バージョンの簡単な紹介が表示されています。より詳細なアップデート内容を確認したい場合は、記載されているURLをタップしましょう。

iOSを最新バージョンにアップデートしても変化を感じないのはなぜ?

iOSを最新バージョンにアップデートしても、新しい機能が見当たらず、変化を感じない場合もあるでしょう。

というのも、iOS 16.○○の〝○○〟部分(小数点以下)のアップデートの中には、セキュリティ面のアップデートのみが行われる場合もあります。この場合、機能面の進化はないことが多いので、使っていて違いを体感できないこともあります。

とはいえ、セキュリティ面のアップデートは、安全にiPhoneを使うために重要なので、時間のあるタイミングで内容を確認しておきましょう。

一方、iOS 15からiOS 16のように、整数が変わる大型アップデートでは、デザインの変更や新機能、新アプリの追加といったように、目に見える変化が多くあるのが通例となっています。

iOSの最新バージョンに対応しているiPhoneシリーズは?

執筆時点(2023年5月上旬)で最新バージョンとなるiOS 16以降のソフトウエアは、iPhone 8シリーズ以降のモデルや、iPhone SE(第2世代)、iPhone SE(第3世代)に対応しています。

iPhone 7以前のモデルや、初代iPhone SEは非対応となっているので、これらの端末では、最新機能やアプリが使えない場合もあります。

【参照】iOS 16 や iPadOS 16 に対応しているデバイス

iPhoneのiOSを最新バージョンにアップデートする方法

では、iOSを最新バージョンにアップデートする手順を見ていきましょう。

1.「設定」アプリを開き、「一般」に進みます。

2.「ソフトウェアアップデート」をタップし、「ダウンロードしてインストール」に進みます。最新バージョンのソフトウエアがダウンロードでき次第、iPhoneが再起動され、アップデートが完了します。

なお、ソフトウエアのダウンロードやインストールにかかる時間は、端末のスペックやインターネット環境に左右されますが、セキュリティアップデートのみの小さいアップデートは数分程度から、大型アップデートでは数十分ほどかかる場合もあります。

【参照】iPhoneやiPadをアップデートする

iOSのアップデートができない、不具合が起きる場合の原因と対処法

iOSを最新バージョンにアップデートする際、必要以上に時間がかかったり、アップデートに不具合が発生してしまうこともあります。

原因は多岐に渡りますが、代表的なものの1つに、ストレージ容量不足があります。ソフトウエアのアップデートでは、最新のデータを一度iPhone本体にダウンロードする性質上、ある程度ストレージ容量に空きが必要となるので、不要な写真や動画を削除したり、アプリをアンインストールするといった対応をしましょう。

また、先にも触れた通りソフトウエアのダウンロード速度はインターネット環境によって左右されるので、データ通信環境で作業を行うと、時間がかかってしまうこともあります。アップデートの作業を行う場合は、Wi-Fiに接続するなど、安定した環境で行うのがおすすめです。

【参照】iPhone や iPad がアップデートされない場合

自動的にiOSの最新バージョンにアップデートしてくれる「自動アップデート」

設定アプリの「一般」>「ソフトウェアアップデート」に進むと、「自動アップデート」という項目が確認できます。

「iOSアップデートをダウンロード」や「iOSアップデートをインストール」をオンにすると、iPhoneを使っていない夜間に、iPhoneが充電中かつWi-Fiに接続されていれば、自動的に最新バージョンへのアップデート作業が行われます。常にソフトウエアを最新バージョンにしておきたいという人は、こちらを設定しておくのもおすすめです。

※データは2023年5月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。