小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

遊びからスポーツへ!タカラトミーのベイブレードに史上最速の「BEYBLADE X」が登場

2023.05.20

来年で25周年を迎える、株式会社タカラトミーの『ベイブレード』。その最新シリーズ『BEYBLADE X(ベイブレードエックス)』が2023年7月に発売される。

1999年のベイブレード誕生から24年。累計出荷数が5億個を突破するなど幅広い世代に大人気の玩具だが、「第4世代」となる本シリーズは、ベイブレード(コマ)とランチャー、スタジアムを一新。そして、“スポーツ”に進化した。

最大の特徴は、新ギミック「X (エクストリーム)ダッシュ」だ。

スタジアムの内側にレールが付き、そのレールとコマの軸に付いている”ギヤ”がかみ合うことで超加速を生み出し、歴代最速を実現!

これにより、バトルはより激しく、戦略的なものへと進化した。もちろん、第3世代までの人気の要素を引き継ぎ、魅力は何倍にも膨れ上がっている。

今や、心技体すべてを要する『ベイブレード』は、プレイヤー自身が楽しむだけでなく、観客をも魅了するスポーツという境地に到達。この夏、世界中をさらに熱くすること間違いなし!

「史上最速ベイブレード」発表会潜入。会場がどよめくサプライズも! 

先日、最新シリーズの発売に先立ち、都内でプレス発表会が開催された。

「ベイブレードは、スポーツへ。」の言葉通り、第4世代のベイブレードは、シュートの練習や綿密なセッティング、さらに改造・組み替えの知識習得など、プレイヤーの技量向上も求められる競技「GEAR SPORTS(ギア スポーツ)」と定義し、新展開していくという。

タカラトミー担当者は、

「BEYBLADE X」はスポーツへ向かうベイブレードです」と宣言。また、「これまで全てのシリーズで社会現象を起こし、多くのファンに愛され続けた理由は、ベイブレードの持つ人間の本能に響く遊びだったからだと自負している」とコメント。

さらに今冬、ベイブレードの頂点を決める「マスターズ大会」を開催予定。世代別の3つのクラスで競い合い、豪華な副賞も予定しているという。

また、「BEYBLADE X」と連動した新連載マンガについても最新情報が公開された。

画像
https://corocoro.jp/news/364046/

ベイブレードの新作漫画『BEYBLADE X』が、月刊コロコロコミック7月号より連載がスタート。原作:河本ほむら・武野光×漫画:出水ぽすかの強力タッグで、スポーツとして展開するベイブレード新シリーズにちなみ、内容もシリーズと連動して、ベイブレードがプロスポーツとなった世界を描く。また、国内外でのアニメ化も決定した。

小学館担当者は、

「子供たちのみならず、大人でもベイ魂を持った全ての人々が主人公となり、さらに日本を超え、世界中を虜にします」と話し、あらゆるメディアでベイブレードの新たな伝説を築いていく。

さらに、会場にはこんな展示も。

第1世代からの貴重なベイブレードがズラリ。また、海外で販売されている逸品も!

プレスに配られた『BEYBLADE X』特製おせんべいも嬉しい♪

大熱狂の発表会だったわけだが、果たして未来のベイブレードは世界をどう変えてしまうのか?ここで、改めて20年以上にわたるベイブレードの歴史を紐解きながら、最新シリーズの凄まじさを実感しよう!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。