小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

保育園児、幼稚園児、小学生の保護者の3割以上が紙のプリント類をデジタルで管理

2023.05.25

文部科学省は2020年10月、学校が保護者などに求める押印の見直しや、学校・保護者間の連絡手段のデジタル化を推進するよう求める通知を出した。

そこでアドビは、全国の保育園・幼稚園児および小学生の保護者500名を対象にした、「子どもが学校で受け取るプリント類のデジタル化に関する実態調査」を実施した。アドビが本調査を行うのは、2019年に続き2回目となる。

保護者の過半数が学校との連絡手段のデジタル化が進んだと感じている一方、承認が必要な書類などさらなるデジタル化が求められる

文部科学省の通知が出た後、学校・保護者間の連絡手段のデジタル化が進んだと思うかを聞いたところ、「とても進んだと思う」が17.0%、「どちらかというと進んだと思う」が38.6%と、合わせて半数以上(55.6%)がデジタル化について進んだと回答した。

一方で、学校・保護者間の連絡手段のデジタル化を進めるべきかについて聞いたところ、「進めるべきだと思う」が27.4%、「どちらかというと進めるべきだと思う」が47.2%と、7割超(74.6%)がさらなるデジタル化を進めるべきだと考えていることが判明。

保育園・幼稚園もしくは小学校とのやり取りにおいて、デジタル化が進んだと思う項目を聞いたところ、最も多かった回答は「欠席や遅刻の届け出」で40.0%、次いで「お知らせやおたより」が39.0%、「給食の献立表」が33.2%と続いた。

また、デジタル化して欲しい項目について同様に聞いたところ、前述の3項目が上位3位までを占めた一方で、4位の「保護者の署名やハンコなど承認が必要な届け出(32.8%)」はデジタル化が進んだと思う項目とのギャップが一番大きく21.8ポイントの開きがあり、今後のデジタル化への期待との差が最も大きい結果となった。

「紙のプリント類をデジタル管理している」保護者は34.5%、パートナー間での情報共有に課題も

子どもが学校から受け取った紙資料をスキャンしてデータ化する、写真を撮りスマートフォンで管理するなどの方法で、保護者がデジタル管理をしているか聞いたところ、34.5%(2019年調査比12.5ポイント増)が現在行っていると回答した。

また、紙のプリントをデジタル化するために使用しているツールを聞いたところ、最も多かった回答は「スマホカメラアプリ」で画像データとして保存が最多の37.8%となった。

次いで、「Adobe Scan」が30.8%となり、前回調査から一番高い増加幅(9.6ポイント増)を示すなど、テキスト認識ができ検索性に優れるスキャン機能付きツールの利用が増加傾向にあるようだ。

子どもが受け取った紙のプリントをどのようにパートナー間で共有しているかを聞いたところ、最も多かったのが「紙で家の中などに貼って共有している」で54.6%、次いで「口頭で伝えて共有している」が41.6%と、アナログコミュニケーションが根強いものの、「クラウドツールなどを活用してデジタルで共有している」が29.4%と、約3人に1人がデジタル化して共有していることがわかった。

さらに、子どもが受け取った紙のプリントをパートナー間で共有できずに困った経験があるかを聞いたところ、「頻繁にある」が16.3%、「ときどきある」が39.8%で、合わせて半数以上(56.1%)が困った経験があることが判明(2019年調査比15.3ポイント増)。

さらに、外出先で情報を確認できずに困った経験について聞いたところ、「頻繁にある」が17.7%、「ときどきある」が47.1%で、合わせて64.8%が困った経験があることがわかった(2019年調査比14ポイント増)。

調査概要
子どもが学校で受け取るプリント類のデジタル化に関する実態調査
調査方法:インターネット調査
実施対象:500人(子どもが保育園・幼稚園および小学校に通っている全国の保護者<保育園・幼稚園/小学校、男女でそれぞれ125名ずつ均等割付>)
調査期間:2023年3月16日~2023年3月22日

関連情報:https://www.adobe.com/jp/acrobat/mobile/scanner-app.html

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。