小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【100均セレクション】いろいろ選べるダイソーのカメラ・スマホ用三脚、買うならどれ?

2023.05.23


カメラの関連機材で、三脚ほど値段がピンキリなものはないだろう。家電量販店のカメラコーナーに行くと、安いものでは数千円台、高いものでは十万円を超えるものまで、本当に多種多様だ。

どれも、機能は「カメラを固定する」だけなのに、これほど価格に幅があるのは、1つには素材の違いがある。基本的にアルミ製の三脚は安く、カーボン製の三脚は高い。プロ写真家が、カーボン製を高いなりに好むのは、「軽いのに、耐荷重があって、堅牢だから」というのが大きい。なにしろ三脚に乗せるカメラは、それなりに重く、数十万円はする。風が吹くと倒れてしまうような代物では、とてもではないが使えない。

逆に、乗せるカメラが100g台のスマホなら、三脚のクオリティにさほどこだわる必要はないという話になる。それこそ、華奢な脚のアルミ製三脚でも十分実用的で、そのニーズに応えたのが、ダイソーだ。

現在、ダイソーから、オーソドックスな三脚が2種、ミニサイズが2種、リングライト付きが1種発売されている。今回はそれぞれを実際に使い、レビューしよう。

550円ながら本格的に使える「カメラ三脚 3段」

典型的なカメラ用三脚を、そのまま小型化したようなのがこちら。

「3段」というのは、長さ調節が大まかに3段階あることを意味する。3本の脚にはそれぞれ2か所の継ぎ目があり、そこにあるロックレバーを解除すると、するすると延伸する。収縮時は高さが34cm、すべての段を伸ばし、さらに中心部の支柱も伸ばすと高さは66cmになる。

買って驚いたのは、ネジ式の雲台が付いていたこと。雲台とは三脚のてっぺんにある部材で、一眼レフカメラやコンパクトデジカメの底部にある穴に、このネジを差し込んでカメラを固定する。「驚いた」というのは、てっきりスマホ専用の三脚だと思い込んでいて、そんな雲台はないと決めつけていたから。

雲台のクローズアップ(緑色の部材は無用の傾きを防ぐ水準器)

スペックを見ると、耐荷重が約1.5kgとあり、筆者が所有する、ごっついミラーレスカメラ(1kg弱)でも乗せられるという話になる。

ためしに乗せてみたら、こんな感じ。

乗ることは乗ったが、かなり危なっかしい。風の吹く日の屋外で、土の地面に据えるのは、とてもリスキー。ちょっと安定を失っただけで、重心のあるレンズから地面へと激突し、30万円以上したこの愛機は、はかなく昇天するだろう。以前、カメラ店でその道に詳しい店員に、「カタログスペックの耐荷重を3で割った数値の重量までしか乗せないほうがいい」というアドバイスをされたのを思い出す。そこまで厳しく考えないと、安定性は担保されないということだ。数百gのコンデジなら大丈夫そうだが、一眼・ミラーレスカメラはやめたほうが無難。

さて、スマホを取り付ける場合は、まず、付属のホルダーを雲台のネジに差し込んで回して固定。そのホルダーにスマホをはめ込む形になる。

スマホを乗せてみたが、一眼レフとは比べ物にならないほど軽くて薄いデバイスなので、安定性は問題ない。よほど重い機種でないかぎり、突風を受けても倒れ込んだりはしないだろう。

■商品詳細

商品名:カメラ三脚 3段
価格:550円
原産国(地域):中国
材質:アルミニウム、ABS樹脂
商品サイズ:8cm×8cm×22.5(最大66)cm
種類:-

伸ばすと高さ1メートルを超える「カメラ三脚 4段」550円

こちらは先に紹介したカメラ三脚の4段バージョン。

基本的な違いはそこだけ。収縮時は「3段」より少し高く、最大延伸時は105cmにもなるのが特徴。名目的な耐荷重は約2kgへとアップするが、やはり一眼レフは乗せないほうが賢明。コンデジやスマホ専用と考えよう。

高さの面で性能に優れるのに、価格が3段バージョンと同じ550円。どちらにするか迷ったら、こちらをおすすめする。三脚を使うからには、やはりこのくらいの高さははあった方がいい。よほど荷物がきちきちで、少しでも軽くしたいというのなら別だが。

■商品詳細

商品名:カメラ三脚 4段
価格:550円
原産国(地域):中国
材質:アルミニウム、ABS樹脂
商品サイズ:54cm×84cm×30(最大105)cm
種類:-

卓上撮影に手軽に使える「スマホ用ミニ三脚」110円

本製品は、カメラ三脚の脚をアルミでなく、(高さを犠牲にして)フレキシブルに曲げられるABS樹脂にしたところに大きな特徴がある。

使用時は、3本の脚をできるだけ外側に広げて安定性を確保し、スマホを装着する。

購入時にスマホホルダーが装着されているが、外すとコンデジを取り付けられるネジが現れる。耐荷重は250gをうたうが、よほど薄型・軽量のコンデジでないと、安定性に欠くので注意。

■商品詳細

商品名:スマホ用ミニ三脚
価格:110円
原産国(地域):中国
材質:金属部-スチール、樹脂部-ABS樹脂、つまみ―塩化ビニル樹脂、スポンジ―EVA樹脂、クッション―熱可塑性エラストマー
商品サイズ:5.1cm × 3.5cm × 18.5cm
種類:黒、青、黄

自撮り棒としても使える「三脚自撮り棒 BK」550円

自撮り棒と三脚の2WAY仕様なのが、この製品。

スマホ取り付け部は折り畳み式になっており、使用しないときはコンパクトにしまっておける。自撮り棒のアームは、引っ張って最大に伸ばすと68cmになる。伸ばしたときは、Bluetoothでスマホと本体をペアリングし、本体のシャッターボタンでリモート撮影ができる。

さらに、脚部を展開することで三脚になる。脚は短いので安定性は良いが、コンデジは取り付けできず、スマホオンリーなので注意。


ちなみに、品名にある「BK」は、おそらく本体色が「ブラック」ということなのだろうが、ブラック以外のカラーバリエーションはない。

■商品詳細

商品名:三脚自撮り棒 BK
価格:550円
原産国(地域):中国
材質:ABS樹脂、ステンレス鋼
商品サイズ:折りたたみ時はW3.2×H19.5×D4.6cm、最大に伸ばした時はW3.2×H68×D4.5cm
種類:-

オンライン会議で重宝したい「リングライトセット 三脚付」770円

オンライン・コミュニケーションの拡大で人気が出たリングライトが付属する、お買い得感のある一品がこちら。

上の写真をご覧のとおり、購入時は部品が分かれているが、組立は簡単にできる。

光の色は、昼白色、昼光色、電球色の3種類が選べ、それぞれ暗い⇔明るいの10段階で明るさが調節できる。この調節は、ケーブル一体型コントローラーで行う。

公式オンラインショップの説明には、「ビデオ撮影、生放送、自撮り、女優ライト、美容化粧」で使えるとある。が、さすがにこのサイズでは、夜間撮影時の光量の不足感はいなめない。日中の曇天時や夕暮れ時に、自然光や室内灯の補助光としての使い方ならOK。オンライン会議で、明るさが足りないと思ったら、これ1つあれば事足りるのは頼もしい。また、撮影時以外では、簡易なデスクライト、読書灯、寝室の間接照明代わりにもなる。

なお、給電はUSBケーブルで行うが、パソコンからだと給電できないことがあって、故障の原因になると警告文がある。電源のない外部で使うときは、モバイルバッテリーを忘れずに。

■商品詳細

商品名:リングライトセット 三脚付
価格:770円
原産国(地域):中国
主要材質:ABS樹脂、スチール、三脚:ABS樹脂、EVA樹脂
商品サイズ:31cm ×38cm ×26.5cm
種類:-

文/鈴木拓也

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。