小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

海外のホテルでよく見る「コンチネンタルブレックファースト」ってどんな朝食?

2023.06.17

コンチネンタルブレックファーストとは、ヨーロッパスタイルの朝食です。サッと食べられる・安価などの魅力がありますが、朝食をしっかり食べたい人には不向きかもしれません。コンチネンタルブレックファーストの特徴や、他の朝食との違いを紹介します。

コンチネンタルブレックファーストとは

ホテルで朝食を食べようとして『コンチネンタルブレックファースト』とメニューにあった場合は、どのような朝食が提供されるのでしょうか?内容を詳しく見ていきましょう。

ヨーロッパスタイルの朝食

『continental』は『大陸風の』という意味です。『continental breakfast』で『大陸風の朝食』となります。ここでいう大陸とは、ヨーロッパ大陸のことです。メニューに『コンチネンタルブレックファースト』と書かれている場合は、ヨーロッパスタイルの朝食が提供されます。

コンチネンタルブレックファーストの特徴は、シンプルで手軽なメニューが多い点です。メニューの詳細は国やホテルによって異なりますが、特別に手の込んだ料理が供されることはほぼありません。

なお朝食は『breakfast』と書き、本来の意味は『断食(fast)を止める(break)こと』です。『ブレックファースト』より『ブレックファスト』の方が本来の発音に近いですが、本記事では『ブレックファースト』として紹介します。

コールドメニューが中心

コンチネンタルブレックファーストの特徴は、火を通さない冷たいメニューで構成されている点です。コンチネンタルブレックファーストの定番メニューとして、以下のものが挙げられます。

  • シリアル
  • パン
  • オートミール
  • バター
  • ジャム
  • ハム
  • チーズ
  • 野菜サラダ
  • ヨーグルト など

上記に加え、コーヒー・紅茶・ミルク・フルーツジュースなどが付くのが一般的です。

コンチネンタルブレックファーストは調理の手間が少なく済むことから、ルームサービスで提供されるケースも多々あります。価格も安価な傾向があり、パッケージツアーの朝食の定番です。

アメリカンブレックファーストとは

目玉焼きとパンとソーセージ

(出典) pixta.jp

コンチネンタルブレックファースト以外でよく見るのが、『アメリカンブレックファースト』です。どのような朝食スタイルなのか、詳しく見ていきましょう。

アメリカンスタイルの朝食

アメリカンブレックファーストの特徴は、あたたかいメニューが含まれる点です。肉や卵を使ったメニューが多く、コンチネンタルブレックファーストよりもボリュームがあります。

なお『アメリカン』とはいうものの、アメリカンブレックファーストがアメリカ一般家庭の定番メニューというわけではありません。

アメリカは、さまざまな国からの移民によって構成される国です。文化や食習慣の違いは大きく、朝食についてこれがアメリカ式といえるものはありません。人々の朝食スタイルは、各人がルーツを持つ国のメニュー・様式に準ずるケースが多いようです。

ホットメニューもプラスされる

アメリカンブレックファーストは、コンチネンタルブレックファーストの基本メニューに以下のようなホットメニューを加えるのが一般的です。

  • オムレツ
  • ゆで卵
  • 目玉焼き
  • スクランブルエッグ
  • ハム
  • ベーコン
  • ソーセージ
  • ポテト など

卵や肉料理については選択肢が豊富で、自由に選べます。ホテルによっては、火の入れ方まで細かく指定も可能です。またパンの代わりに、パンケーキやワッフルを選べるケースもあります。

フルイングリッシュブレックファーストとは

イングリッシュブレックファスト

(出典) pixta.jp

フルイングリッシュブレックファーストは、『イギリスで最もおいしい料理』と称される場合もあります。特徴やメニューの詳細について、詳しく見ていきましょう。

イギリススタイルの朝食

フルイングリッシュブレックファースト(full English breakfast)とは、イギリスやアイルランドで提供される、イギリス式の朝食です。コンチネンタルブレックファーストと比較すると、よりボリュームがあります。

フルイングリッシュブレックファーストが広く一般に食されるようになったのは、18世紀の産業革命の頃だとされています。肉体労働に勤しむ労働者は、栄養と量のある朝食が必要でした。朝をたっぷりと食べるスタイルが、イギリスの定番として定着したのです。

なお『イングリッシュ』というのは、『イングランド地方の』という意味になります。イングリッシュブレックファーストの呼称は地方によって変わるため、注意しましょう。

スコットランドなら『スコティッシュブレックファースト』、ウェールズなら『ウェルシュブレックファースト』、アイルランドなら『アイリッシュブレックファースト』です。

ベイクドビーンズは欠かせない

フルイングリッシュブレックファーストは、アメリカンブレックファーストよりもさらにボリュームたっぷりです。定番のメニューとしては、以下のものがあります。

  • ベーコン
  • ソーセージ
  • 卵料理
  • 焼きトマト
  • ベイクドビーンズ
  • パン
  • ブラックプディング
  • ハッシュドポテト
  • マッシュルーム など

ベイクドビーンズとは、ケチャップで甘くかつ柔らかく煮た豆です。フルイングリッシュブレックファーストでは定番のメニューの一つで、店によって味わいが異なります。

また『ブラックプディング』とは、血の入ったソーセージです。イギリスではおなじみですが、他の地域で口にするケースは少ないかもしれません。

ビュッフェスタイルの朝食も人気

ビュッフェ

(出典) pixta.jp

自由度の高い朝食として人気を集めるのが、ビュッフェスタイルです。朝食スタイルの特徴やマナーを紹介します。

セルフサービス式の朝食

ビュッフェスタイルとは、自分で食べるものを選べる朝食スタイルです。会場にはさまざまなメニューが用意されており、好きなものを好きなだけ・好きなタイミングでお皿に載せられます。基本的にスタッフによる給仕はなく、最初から最後まで全てセルフサービスです。

メニューはホテルによって大きく異なり、その地域ならではのメニューや食材を選べるケースもあります。シェフが常駐してオーダーを受けてくれるところは人気が高く、日本のホテルでは定番の朝食スタイルです。

マナーに注意

ビュッフェスタイルで注意したいポイントは、以下の通りです。

  • コース料理と同じ順番で食べる
  • 一つの皿に載せる料理は2~3品に留める
  • 自分が食べられる分だけを取る
  • 次に取るときは新しい皿を使う
  • 皿に載せた料理を残さない

ビュッフェのメニューは、コース料理と同じ順番で並べられています。料理はまずは前菜コーナーから選び、メイン・デザートへと進みましょう。

大好物の料理でも、皿に山盛りに載せるのはスマートではありません。残すことがないよう、食べられる分だけを皿に載せます。お代わりするときは、新しい皿を使うことも大切です。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。