小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

プジョー「リフター ロング」 vs ルノー「カングー」お洒落なフレンチミニバン対決

2023.05.28

プジョー『リフター ロング』vs ルノー『カングー』

昨今のアウトドアブームもあって、フランスから上陸した個性的なミニバンの人気が高まっている。実用性、デザイン、コスパ、様々な角度から人気の理由を探ってみた。

 アウトドアブームもあって、ファミリーやグループでクルマを利用してデイキャンプに出かける人が増えている。では、キャンプ場にどんなクルマで出かけるのがベストなのか? すぐに思い浮かぶのはSUVや1BOXカーだが、実用的だけど遊び心がないという声も聞こえてくる。そんな人たちの期待に応えてくれそうなのが、スタイリッシュなマルチビークルだ。今回はスーパーハイトワゴンのような要素を持つ個性的なフレンチバンを2台紹介しよう。

 今年3月に日本上陸を果たしたしたのがプジョー『リフター ロングGT』だ。同社は2019年10月に『リフター』というバンタイプの5人乗りモデルを投入した。今回はその3列シートモデルだ。2列シートのモデルは後席乗降用のスライドシートを備えており、室内空間も広く、アウトドア愛好家から支持を集めた。デビューエディションとして特別仕様車を先行発売したところ、1週間で完売するほど人気だった。

 今回発売された3列シートモデルの『ロングGT』はプジョー最新のシャーシを採用。ホイールベースを190mm、全長を355mm、全高を20mm拡大し定員も7名となっている。3列目はワンタッチで折りたたむことも取り外すことも可能で、車内に広大な空間を確保できる。ちなみに2列目もセパレートシートになっており個別に折りたたむことが可能だ。パワーユニットは1.5Lディーゼルターボと8速ATの組み合わせで、エコカー減税の対象になっている。

 ちなみに前輪駆動だが、トラクションコントロールをベースに開発されたアドバンスドグリップコントロールが後輪も制御するため、走破性も高いのも特徴だ。

 一方、ルノーの『カングー』はフランスで1997年にデビューし2002年3月から日本に正式に輸入された。今回紹介するモデルは3代目で本国では2021年5月から発売されているが、2023年2月に日本に上陸した。

 モデルチェンジのたびにボディーは大きくなるがそれでも全長4490mm、全幅1860mm、全高1181mmなので、日本の道路でも使い回しやすい。パワーユニットは1.3Lガソリンターボと1.5Lディーゼルターボの2種類。操縦安定性はいいがハンドルを切ると同時にゆらっと傾く印象がある。こういったフランス車特有の性格は好みが分かれそうだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。