小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年の春だけで若年層の花粉症による経済損失は2.1兆円規模に

2023.05.10

イマーゴが運営するシンクタンク「iQ Lab」は、18歳から29歳のZ世代及びミレニアム世代の1000名を対象に、2023年春期の花粉症に関する実態調査を実施。回答結果をグラフにまとめて発表した。

若年層における花粉症発生状況

2023年春のあなたの花粉症の症状を教えてください

今回の調査では、回答者の49.1%が花粉症の症状があったと回答。さらに本人に花粉症の自覚はないものの、何らかの不調を訴える人も7.9%いた。全国の若者にとって花粉症が身近な問題であり、春に不調になる原因になっていることがわかる。

花粉症被害は増加傾向

2023年春のあなたの花粉症の症状を教えてください」(発症者・不調認知者のみ抽出)

花粉症発症者だけで見ると、「例年より症状がひどかった」という人は全体の26.8%。さらに「今年花粉症を発症した」という人は全体の9.4%となっており、2023年の花粉症は影響が大きかったことが推定できる。

9割以上の人が花粉症で仕事の生産性が落ちる

花粉症を発症しているとき、あなたの仕事の効率は何点ですか?

花粉症による仕事の作業効率についての質問では、45.5%の人が「仕事の効率が50点以下になった」と回答。逆にまったく影響を受けなかった人はわずか6.5%であり、若者の生産性において花粉症の被害が大きいことがわかる。

この結果を元に若年層の労働生産性への影響を試算(※)したところ、その被害額は2023年春だけで約2.1兆円に達した。
※仕事効率の減少及び所得を元にiQ Labで推計

調査概要
調査期間/2023年4月11日〜2023年4月14日
調査人数/1,000人
調査対象/18〜29歳・男女
調査方法/インターネット調査

関連情報
https://imago.co.jp/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。