小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ニュース記事、プロパガンダ、ディープフェイクを見破る10のポイント

2023.05.10

ExpressVPNから、近年ネットで取り上げられ機会が多いディープフェイクに関するリポート、「ディープフェイクが個人の記憶にもたらす影響とは」が発表されたので、本稿では一部を抜粋して紹介したい。

最近、ダウンコートのようなジャケットを着たローマ法王や、習近平の手に膝をついてキスするウラジミール・プーチンなど、インターネットを騒がせる画像が数多く登場している。

しかし、これらの画像はどれも事実ではない。ディープフェイクと呼ばれる高度なAI技術の産物なのだ。

AI画像生成ツールで作成された、白い大きなコートを着たフランシスコ法王の偽写真に、多くのネットユーザーが騙された。

ロシアのプーチン大統領がひざまずき、中国の習近平・国家主席の手にキスをするAI生成画像がSNSで拡散された。

これらのフェイク画像や動画は、AIがいかに簡単に現実とフィクションの境界を曖昧にしてしまうかを象徴しており、広範囲に重大な影響が及ぶことが考えられる。

AIが記憶方法をどのように変えつつあるのか、そしてディープフェイクが誤った事実を真実と思い込んで覚えてしまう現象(マンデラ効果)に寄与する可能性があるのかについて、考察してみたい。まずは、あなたが知っていると思っていたことをすべて疑ってみることだ。

ディープフェイク〜AIが作る合成技術

ディープフェイクとは、本来、AIにおける深層学習(ディープラーニング)技術を使用して、二つの写真や動画の一部をを入れ替える技術のこと。近年では、その合成されたメディアコンテンツそのものを指すことも多くなっている。ディープフェイクは、動画の中の人の顔などを入れ替え、本来行っていない動作や言動をしているかのように見せることが可能だ。

ディープフェイクの合成メディアに多く触れていくうちに、我々は真実ではないことを真実だと思い込んで記憶している可能性がある。これが「マンデラ効果」と呼ばれているものだ。

マンデラ効果とは?

この言葉は、南アフリカの反アパルトヘイト革命家であり政治家であったネルソン・マンデラにちなんで命名された。1980年代に獄中で亡くなったと多くの人が信じていましたが、実際にはそうではなかったという証拠が数多く存在する。

実際には1990年に釈放された後、アフリカ南部の国の大統領となり、最終的に2013年に亡くなった。

「マンデラ効果」はその後、ブランド名のスペル、歌の歌詞、映画やテレビ番組の筋書き、歴史的事件の詳細など、さまざまな出来事や詳細を誤って記憶してしまうことを表す言葉として使われるようになった。

マンデラ効果の実例として、1990年代の人気コメディアン、シンドバッドがいる。多くの人が、シンドバッドが精霊を演じて2人の子供を助ける『シャザーム』(2019年のスーパーヒーロー映画『シャザーム!』とは別物)という映画を覚えていると主張している。

しかし、そのような映画は作られていない。最も近いのは、シャキール・オニールが精霊として出演した『カザーム』という映画だ。

『シャザーム』の存在を証明する証拠がないにもかかわらず、多くの人が『シャザーム』を見たと確信し、筋書きや登場人物、映画のポスターの形まで詳細に覚えていると話す。

シンドバッド自身は精霊を演じたことはないと言っているにもかかわらず、この映画のアイデアは人々の記憶に深く刻まれ、映画が存在することを完全に確信させているのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。