小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

AKAI Professionalから4GBのRAMと48GBのストレージを内蔵したサンプラー「MPC X Special Edition」が登場

2023.05.11

インミュージックジャパンは、同社が展開するAKAI Professionalから新製品「MPC X Special Edition」を2023年5月中旬予定で発売を開始する。価格はオープン価格。予想実勢価格は32万4800円(税込)。

歴史的なサンプリング・ドラム・マシーンの誕生35周年を記念して

35年前に誕生したMPCはパターン、そしてグルーブをベースとした音楽制作に新たな革命を起こした記念碑的なモデル。

今回の新製品であるMPC X Special EditionはAKAIの象徴的なカラーレイアウトとクラシックなロゴを採用。オリジナルのMPC60のノスタルジックな外観とフィーリングを、現代の音楽プロデューサーに提供していく。

機能面ではMPC X Special Editionはメモリ、内部ストレージの容量を拡大したほか、MPC Instrument Collectionを全て搭載しており、これまでで最もパワフルなMPCとなっている。

象徴的な外観と最もパワフルなMPCの融合

パワフルなパフォーマンス

MPC X Special Editionは、画期的で豊かな伝統の機能と、現代のクリエイティブな最新技術の進歩を組み合わせた、これまでで最もパワフルで高性能なMPCだ。

クアッドコア・プロセッサを搭載したMPC X Special Editionは、4GBのRAMを内蔵。より早いロードタイムとサンプリング機能の拡張により、ワークフローのスピードアップを実現している。

また48GBの内蔵ストレージにより、大規模なプロジェクトの保存、膨大なサウンドライブラリの管理、アクセスを実現。またWi-FiとBluetooth接続により、ケーブルに制限されることなく、スピーディーなデータ転送が可能だ。

伝統の風格
この記念すべきMPC X Special Editionは、レトロなロゴとフォントが刻印され、象徴的なカラーレイアウトで、そのレガシーを表現している。

プロデューサーを本来の地位に戻し、そして新しい時代の音楽インフルエンサーが卓越した音楽でリードするために登場した。

ハードウェアを統合しスタジオ全体をコントロール

音楽制作の拠点

MPC X Special Editionは、アーチストのクリエイティブな空間を一つにまとめるために作られた。MPC X Special Editionですべてを結びつけることよりに、制作スタジオは最新の音楽制作スイートとなるはずだ。

2イン、4アウトのMIDI I/OでMIDI対応シンセサイザーやキーボードをコントロールしたり、3.5mm TS出力端子(8個)でモジュラーやユーロラックデバイスを駆動することが可能。

さらに2系統のUSB-Aポートにより、ストレージデバイス、バスパワーMIDIコントローラ、クラスコンプライアント・オーディオインターフェースなどに接続することができる。

卓越した音質

レコードのターンテーブルから直接オーディオをキャプチャーして、サンプル・メモリーにクリーンなサンプルやループも作成が可能だ。

4GBのRAMを搭載しているので、より長いオーディオを取り込むことができ、クリエイティブな可能性を広げる。2系統のXLR-1/4入力は、楽器、ラインレベル機器、マイクからの音を鮮明に入力。ファンタム電源を搭載しているため、コンデンサーマイクもMPCに接続し、セッションにそのまま録音ができる。

優れたワークフロー

MPCのワークフローに、あらゆる有線デバイスに対応する豊富な接続端子、独立してサウンドをルーティングできる多数のオーディオ出力、Wi-Fi経由のワイヤレスAbleton Link3機能を組み合わせれば、あらゆるクリエイティブな作業が指先ひとつで実行できる。

調整可能な10インチ・マルチ・ジェスチャー・ディスプレイにより、長時間のセッションも快適に行なえるため、インスピレーションを逃がさない。

プラグイン・インストゥルメント、サウンド、インサートエフェクトのプレミアコレクションを制作に

強力なサウンド

MPC X Special Editionは、作曲と演奏に優れた最先端のプラグイン・インストゥルメントのコレクションを備えている。

具体的には25種類以上のインストゥルメントを搭載し、多彩なサウンドとテクスチャーを指先で操り、自由自在にオリジナルのメロディーを作り出せる。

そしてFabric XLシンセサイザーやStage EPキーボードは広々としたパッド・シンセサイザーから緻密なグランドピアノ、温かみのあるエレクトロキーボードに太いアナログブラスレイヤー、絶妙な弦楽四重奏まで、あらゆるサウンドが楽しめる。

数々の賞を受賞したインサートエフェクトプラグイン

MPC X Special Editionは、ダイナミック・サウンドプロセッサー、イコライザー、マルチエフェクト・プラグインなどのコレクションが増え、音楽をクリエイティブにアレンジするだけでなく、プロジェクトのミックス/マスタリングを行うすべてのツールを搭載。商業リリースまで導いてくれる。

シンガーとのコラボレーションでは、AIR Vocal Suiteを使用して、豊かなハーモニーとボーカルチューニングをリアルタイムで追加することもできる。

クリエイティブなプラグイン、AIR Flavor、Half Speed、Stutterなどを使って作品をより独創的にできるほか、ヴィンテージ・エフェクトは60、3000などのヴィンテージMPCのサウンドをワンプッシュで体験することも可能だ。

ワールドクラスのサンプル&サウンド

MPCプラットフォームは、クオリティーの高いのサウンドとサンプルライブラリを搭載しており、刺激的なサウンドを確実に得ることができる。

一発録りのスネアやキックから、盛り上がる808ドラム、ループ、マルチベロシティーのキーグループ楽器まで、MPCエクスパンション・パックを使えば可能性は無限大だ。

関連情報
http://akai-pro.jp/mpc-x-se/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。