小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

違いは表情と視線の追跡!コスパも満足度も高いVRヘッドセット、買うならどれが正解?

2023.05.23

上級機にかなわない面はある。しかし、世界で最も売れている製品こそ、最もハイコスパで満足度が高いことがわかった。

VRヘッドセット

CHECK POINT

【1】没入感
画質をチェック。高画質は没入感を高める近道。

【2】操作性
コントローラーの操作性や感度などをチェック。

【3】タイトル数
ゲームやアプリなど対応コンテンツ数をチェック。

武者良太さんガジェットライター
武者良太さん
2018年からVRにハマったライター。現在まで5台のVRヘッドセットを自腹買い。

編集・タジリ編集・タジリ
本誌ガジェット担当。過去号の特集以来『Meta Quest 2』ユーザーでもある。

タジリ VRヘッドセットはAVギア・ゲームだけでなく、開発分野でも注目が集まる製品です。

武者 バーチャルとはいえ眼前に100インチ超のスクリーンが広がるMy映画館感覚や360度を見渡せるゲーム体験は圧倒的。エンジョイ派なら『Meta Quest 2』で十分満足できます。

タジリ 『Meta Quest 2』は頭部の後ろにバッテリーがないから、寝ながら動画を見たいという人にもぴったりですよね。

武者 フロントヘビーだから長時間使い続けると疲れやすいけれど、オールマイティーに使えるというメリットは代えがたいと思います。

タジリ そうですね。『PS5』などと比べて画質が悪いと敬遠する人もいますが、実はもったいない。

武者 ゲーミングPCとワイヤレス接続すれば、超高解像なゲームタイトルで遊べるんですよ!

アクションゲーム向きのバランス機

PICO『PICO 4』

PICO『PICO 4』

PICO『PICO 4』4万9000円

バッテリー部をヘッドバンド部に組み込むことで、重量バランスを向上。ゲーム内で視界を確保するために勢いよく頭を振ってもズレにくく、首への負担も少ない。
ディスプレイ/液晶 解像度/4320×2160(両目) 視野角/105度 重量/585g(実測) 
ストレージ/128GB トラッキング方式/インサイドアウト

【CHECK 1】見通しのいい視界が気持ちいい

視野は広く、視界の端がシャープに見えるパンケーキレンズを採用。「網目感は極めて控えめで没入感はかなり高い」

【CHECK 2】操作性に優れるコントローラー

PICO『PICO 4』

ボタン数が多い、多機能なコントローラーを採用。「ゲームプレー中の写真や動画キャプチャーも簡単。リング部が大きいのが少し気になります」

【CHECK 3】アプリの拡充に期待

「FPSにスポーツゲームなど一通りのジャンルは遊べるが、アプリ数そのものは『Quest』シリーズにかなわない」

〈MUSHA’S EYE〉USB Type-C端子がマイク対応。ゲーミングヘッドセットを使うと、声の音質だけでなく没入感もアップします。

ネクストトレンドを先取りした上位機種

Meta『Meta Quest Pro』

Meta『Meta Quest Pro』

Meta『Meta Quest Pro』15万9500円

価格はズバ抜けて高いが、実はアプリ開発用の企業向けの機材でもある。現実の世界を立体的に見通せる機能もあり、MRヘッドセットとしても活用できる。
ディスプレイ/液晶 解像度/3600×1920(両目) 視野角/水平106度×垂直96度 重量/722g 
ストレージ/256GB トラッキング方式/インサイドアウト

【CHECK 1】映像美で選ぶならコレが正解

レンズ品質が最高クラス。「視界全域がなめらかで、3D映像を見るとVRとは思えないリアリティーを感じます」

【CHECK 2】VRアバターとの一体感が強い

Meta『Meta Quest Pro』

コントローラーにもカメラを搭載しており、トラッキング精度が極めて高い。「ボクシングなど対戦ゲームを操作性だけで勝ち抜けるポテンシャルを感じる」

【CHECK 3】最新MRアプリを体験したいならコレ

アプリの数はNo.1。「しかも、今後注目度が高まるといわれているフルカラーのMRアプリにも対応しています」

〈MUSHA’S EYE〉体だけでなく目や表情の動きも検出するハイエンド機。解像度は高くないが、それを補うほどレンズの性能が優秀です。

コンテンツが豊富でしっかり遊べる名機

Meta『Meta Quest 2』

Meta『Meta Quest 2』

Meta『Meta Quest 2』5万9400円

外部センサーやPC接続不要で使えるという現代VRヘッドセットの原点的モデル。リフレッシュレートも高く映像が見やすい。
ディスプレイ/液晶 解像度/3664×1920(両目) 視野角/未発表 重量/503g ストレージ/128GB トラッキング方式/インサイドアウト

【CHECK 1】上位機種に比べて映像はややモヤっとしている

「放射状の模様が入ったフレネルレンズを採用しているため、映像のピントがやや甘い」

【CHECK 2】操作性に優れ、扱いやすいコントローラーが◎

Meta『Meta Quest 2』

「タッチセンサーを使いたくない時に、親指を休ませるスペースがあるのが便利」

【CHECK 3】対応ゲームやアプリの数が多いVRゲームで遊ぶならイチオシ

「無料ゲームから名作アプリまで、様々なゲームタイトルで遊びまくれるのがうれしい」

〈MUSHA’S EYE〉為替の影響で1万円以上値上がりしたが、対応コンテンツの多さに目を見張る。バラエティーゲーム目的ならイチオシ。

取材・文/編集部

※本記事内に記載されている商品やサービスの価格は2023年3月31日時点のもので変更になる場合があります。ご了承ください。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年4月16日(火) 発売

DIME最新号は「名探偵コナン」特集!進化を続ける人気作品の魅力、制作の舞台裏まで徹底取材!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。