小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

PCがなくても簡単にできる!iPhoneの中にあるデータのバックアップを取る方法

2023.04.29

多くの人が日常的に使用しているiPhone。写真や動画といったデータに加え、さまざまなアプリをインストールして使用することが一般的なので、機種変更時や緊急時に備え、データのバックアップを取っておくのがおすすめです。

スマートフォンのバックアップを取る方法として、パソコンを使うのが普通と考えている人もいるかもしれませんが、iPhoneはパソコンがなくても、iPhone単体でデータのバックアップを作成することができます。本記事では、iOS 16を搭載したiPhoneにて、バックアップを作成する方法を紹介していきましょう。

iCloudを使えばパソコンがなくてもiPhoneのバックアップができる! iCloudストレージは追加購入も可能

パソコンを使わないiPhoneのバックアップ方法としてオーソドックスなのは、iCloudを使う方法です。iCloudは、1つのApple IDに対して5GB分のストレージが無料で利用できるようになっており、iColud+にアップグレードすることで、追加のストレージ容量を購入することもできます。アップグレードは、設定アプリの「iCloud」より行えます。

【参照】iCloudストレージを管理する

【参照】iCloud+ にアップグレードする

iCloudを使ってiPhoneのバックアップを作成する方法

1.iCloudを使ってiPhoneのバックアップを作成する場合、基本的にiPhoneをWi-Fiに接続することが推奨されています。まずはコントロールセンターからWi-Fiの接続状況を確認しましょう。

2.iPhoneをWi-Fiに接続したら、設定アプリよりアカウント名をタップ。「iColud」に進みます。

3.「iCloudバックアップ」に進み、「今すぐバックアップを作成」をタップします。「バックアップを作成中」と表示が出ればあとは待つだけ。バックアップの作成にかかる時間は、データのサイズやインターネット速度によって異なります。

なお、iCloudバックアップのページにある「このiPhoneをバックアップ」にチェックをつけておくと、iPhoneがWi-Fiに接続されている際に、自動的にiCloudでバックアップを作成してくれます。

【参照】iCloud で iPhone や iPad をバックアップする方法

クラウドサービスを活用すればパソコンがなくてもiPhoneのバックアップができる!?

iPhoneのバックアップを作成する方法として、アップルのサービスであるiCloudの使い方を紹介してきましたが、別のクラウドサービスに写真や動画、音楽といったデータをバックアップするのもありでしょう。 

iPhoneのバックアップができるクラウドサービス【Googleドライブ/Googleフォト】

iPhoneのデータを保存できるクラウドサービスとしてまず紹介したいのが、GoogleドライブやGoogleフォトといったGoogle系サービス。Googleフォトが写真や動画のデータを保存するのに特化したサービスなのに対し、Googleドライブはさまざまな形式のファイルを保存できるので、適したサービスを試してみましょう。

なお、無料で使用できるデータ容量はGoogleドライブやGoogleフォト、Gmailを合わせて、1つのGoogleアカウントあたり15GBまでとなります。iCloudと同様に、追加でストレージ容量を購入することも可能となっています。

【参照】Google ストレージの動作について

iPhoneのバックアップができるクラウドサービス【OneDrive】

Microsoftアカウントに紐づいたクラウドサービスであるOneDriveも、iPhoneのデータを保存しておくのにおすすめ。

無料で使用できるストレージ容量は5GBとやや少なめですが、Officeソフトといったほかのサービスが使用できる「Microsoft 365」を契約した際に、1TBや6TBといった大容量ストレージが同時に使用できるので、仕事にOfficeソフトを使う人などはぜひ確認してみてください。

【参照】Microsoft 365 OneDrive

iPhoneのバックアップができるクラウドサービス【Amazon photos】

Amazonのアカウントがあれば使用できるAmazon photosは、無料会員の場合は5GBのストレージが使用可能。ただし、Amazonプライム会員であれば、写真や動画といったデータは容量無制限で使用できます。

プライム会員でも、写真や動画以外のファイルストレージは5GBまで保存できますが、月額250円で100GB、月額1300円で1TBにアップグレードが可能となっています。

【参照】Amazon photos

パソコンがなくてもSDカードやUSBメモリにiPhoneのバックアップが作成できる?

クラウドサービスではなく、SDカードやUSBメモリにiPhoneのバックアップを作成したいという人もいるはず。パソコンがない場合でも、iPhoneのデータを別のハードウエアに保存することは可能です。

ただし、iPhoneに直接SDカードやUSBメモリを接続するため、Lightning端子に変換できるプラグ等が別途必要になります。

※データは2023年4月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。