小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

知ってた?年輩社員がよく使う言葉「ケツを持つ」の意味と正しい使い方

2023.04.28

SNSを中心に話題となっている「おっさんビジネス用語」の一つに「ケツを持つ」という言葉がある。最終的な責任を負うことを表す比喩で、例えば「私はいつまで後輩のケツを持つのか」といった使い方がされるが、くだけた言い回しのため、使う相手や場面に注意が必要だ。

そこで本記事では、「ケツを持つ」の意味や使い方、注意点、類義語、対義語について解説する。この機会にぜひ正しい使い方を覚えておこう。また、英語を使う機会の多い方は、英語表現も併せてチェックしてほしい。

ケツを持つとは?

まずは、「ケツを持つ」の言葉の意味と由来について確認していこう。

物事や組織において、最終的な責任を負うこと

ケツを持つは、物事や組織の一番後ろ(高位)の立場において、最終的な責任を請け負うことを指した言葉だ。「ケツ持ち」「尻を持つ」などとも表現されるが、基本的にリーダーや社長など組織のトップの仕事を指すことが多く、他人の失敗などの後始末をする、後押し、味方をするといった意味合いもある。

由来

ケツを持つの「ケツ」は、お尻を下品に言い換えた別称だ。お尻は体の最後の部分とされることから転じて、「物事の後始末、最終的な責任を負う」という意味で「ケツを持つ」という言葉が使われるようになったと言われている。

ケツを持つの使い方

ここからは、「ケツを持つ」の例文と使用時の注意点を紹介する。誤った使い方をしないようにチェックしておこう。

例文

「ケツを持つ」は、トラブルやアクシデントの発生により、他者の過失について責任を負う必要が生じた場面で使われることが多い。

【例文】

「部長は、部下のケツを持つ立場だ」
「私が彼のケツを持たないといけないとは。今後は、責任感を強くするように指導する必要があるな」
「あの新入社員のケツを持つ人は誰?」

使用時の注意点

同僚や友人など、親しい間柄で使われることが多いくだけた言い回しのため、正式な場や社外での使用は避けた方が良いだろう。また、下品な印象に捉えられることのある言葉のため、使用する際には時と場合を見極める必要がある。

ケツを持つの類義語・言い換え表現

次に、ケツを持つの類義語を紹介する。正式な場で使える言い換え表現もあるため、セットで覚えておこう。

ケツ持ち

元々は、主に暴力団ややくざなどの組織が、トラブルに見舞われた一般企業を救済する代わりに対価を得ることを指す俗語だった。現在は、他者のミスを片付けて後始末をすることを意味して用いられることも多い。また、「尻拭い」と言い換えることもできる。

【例文】

「あの会社は、ヤクザがケツ持ちしているらしいよ。トラブルに巻き込まれないように気をつけよう」

「私がケツ持ちしている分、その代わりに対価をもらわないと困るよ。こちらもボランティアじゃなく、商売なんだから」

後ろ盾

後ろ盾には、「背後を防ぐための盾となること」「陰で助けること」という意味がある。「責任を負う」のではなく、「後援する」というニュアンスで使われる。

【例文】

「有名な小説で知られるあしながおじさんは、孤児院で育った女の子の後ろ盾となる資産家だ」

「僕が彼女の後ろ盾になります。だから、安心してください」

対義語

ケツを持つ対義語としては、「無責任」や「責任を放棄する」「自らの手を汚さない」が挙げられる。

【例文】

「彼は、無責任にもほどがある。いつまで僕が尻拭いをしなくてはならないのか」

「責任を放棄する部長は、部下の信頼を集める器があるとは言えないだろう」

「私の上司は、いつも最後で自らの手を汚さないように、部下に責任を押し付ける節がある」

「自らの手を汚さない上司のもとでは、責任感の強い部下は育たない」

ケツを持つの英語表現

最後に、ケツを持つと同じように、責任を負うことを表す英語表現を紹介する。仕事で英語を使う機会が多い方は、ぜひチェックしておこう。

take responsibility

「責任を負うこと」を意味する熟語表現。ビジネスシーンだけでなく、日常的に使う表現だ。

例文

He will take responsibility for the project performance.

(彼は、そのプロジェクトの成果に対して、責任を負う立場だ)

take full responsibility for

“take full responsibility for”とすると「〜に全責任を負う」という意味になる。

例文

I have to take full responsibility for their performance.

(私は、彼らの仕事に対して、全責任を負う必要がある)

bear the responsibility of

動詞として使われる“bear”には「生む」という意味があるほか、「支える」「我慢する」などのニュアンスを込めて使われる場合もある。

例文

We need to bear the responsibility of this accident.

(我々はこのアクシデントについて責任を負う必要がある)

 

※データは2023年4月上旬時点のもの。

※情報は万全を期していますが、正確性を保証するものではありません。

※製品およびサービスのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。