小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

昨年度の電動アシスト自転車販売実績、子供乗せは6%減、シティー車は11%増、ミニサイクルは15%増

2023.04.27

GfK Japanから全国の総合スーパー(General Merchandise Store=GMS)、ホームセンターおよび家電量販店における2022年度(2022年4月~2023年3月)の電動アシスト自転車販売動向が発表された。

10〜2月期で数量前年比11%減と大幅な減少傾向

2022年度の電動アシスト自転車販売は、数量前年比3%減と微減となった(図1)。4〜6月は同2%増と前年を上回ったものの、為替の変動や原材料高騰のあおりを受け、6月から相次いで価格改定が実施されたことで、7〜9月以降はマイナス成長に転じた。特に10〜2月期では数量前年比11%減と大幅な減少が見られた。

電動アシスト自転車の平均価格(税抜)は、上述の価格改定により前年から7%上昇して107,084円となった。その結果、販売数量は前年を下回ったものの、販売金額は前年比3%増とプラス成長を維持している。

タイプ別販売動向〜子供乗せとシティー車、ミニサイクルで差が顕著に

電動アシスト自転車で数量構成比51%を占めるホーム車(※1)は数量前年比1%増とほぼ前年並みとなった(図2)。

次いで販売が多い子供乗せ(※2)は数量前年比6%減と低調で、数量構成比では22%となった。出生数が減少していることもあり、子供乗せの減少トレンドは今後も続くと考えられる。

一方、シティー車(※3) 、ミニサイクル(※4)が好調でそれぞれ数量前年比11%増、15%増の伸長を見せ、数量構成比ではシティー車が11%、ミニサイクルが10%を占めるに至った。

通勤、通学における需要から、いずれもここ数年で販売数量は増加傾向にあり、今後のさらなる拡大が期待される。

※1 普段使いを主目的として設計された自転車
※2 幼児2人同乗基準に適合した自転車
※3 通勤・通学を主目的として設計された自転車
※4 タイヤサイズ20インチ以下の自転車

関連情報
https://www.gfk.com/ja/insights/ebike20230420

構成/清水眞希

取り付けも簡単!DIME4月号の付録・自転車用スマホホルダーを使ってみたらホールド性も視認性もバッチリだった!!

自転車を利用している際、いったん停車してスマホを使うシーンも多いのではないでしょうか。そんな時、ポケットやカバンから取り出すことなく、スマホの画面を瞬時にチェックできるようになるのが、雑誌「DIME」4月号の特別付録、自転車/バイク用スマホホルダー「Xtreme(エクストリーム)」です。

【参考】https://dime.jp/genre/1545301/

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。