小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

茨城県公認VTuber「茨ひより」がChatGPTと連携!AIキャラクターを活用した自治体広報の可能性

2023.04.27

ChatGPTと連携した自治体公認の音声対話型VTuberが「ニコニコ超会議2023」に登場

アドバンスト・メディアは、同社が提供するAI音声対話アバター「AI Avatar AOI(エーアイ アバター アオイ)」のシステムに、OpenAI社が提供する会話生成AI「ChatGPT」を連携し、茨城県公認VTuber「茨ひより」に搭載。

4月29日(土)・30日(日)に開催される「ニコニコ超会議2023」の茨城県が出展するブースに登場する。

自治体公認VTuberのAI化は国内で初めての取り組みだ(アドバンスト・メディア社調べ)。今回の出展および、「茨ひより」のAI化に関しては、茨城県から委託を受けたTRIBALCON.が、企画・運営を行っている。

ChatGPTとキャラクター設定を掛け合わせた独自システム

「AI Avatar AOI」が持つ独自の対話システムと、「ChatGPT」が連携することで、より品質の高いAI対話を実現した。

茨城県及び茨城県から委託を受けたTRIBALCON.監修のもと「茨ひより」の性格、口ぐせ、言い回しなど本来のキャラクター設定をそのまま再現し、自然な対話を可能にしたシステムをアドバンスト・メディアが開発。

さらに、不適切な用語や意図しない応答を回避する独自のフィルタリング機能と、専門用語や固有名詞も高精度でテキスト化する辞書登録機能を活用しているため、さまざまな利用用途に応じた会話が可能になる。

また、キャラクターの感情表現やモーション、アニメーションの忠実な再現を目指し、「茨ひより」の収録音声をもとにした音声合成を使用している。本来のキャラクターが持つ世界観を壊さないAI化に一層力をいれ、今後も展開していく予定だという。

イベントでのAIキャラクターによる自治体広報活動

「ニコニコ超会議2023」の茨城県が出展するブースに、AIを搭載した「AI茨ひより」が登場。来場者は自然な話し言葉で自由に会話を楽しむことができる。

「AI茨ひより」は、会話の中で「茨城県情報」を織り交ぜながら話すことで自治体の魅力を発信する広報活動を行っていく予定だ。

また、「ニコニコ超会議2023」の登場に先駆けて4月20日(木)に、「AI茨ひより」が、ウェザーニュースキャスターの檜山沙耶さんと対話するコラボ動画をYouTube「いばキラTV」チャンネルで公開した。

アドバンスト・メディアでは、対話型AIの市場が拡大する中で「AI Avatar AOI」を活用した企業や自治体との新しい取り組みを積極的に推進していくという。

ニコニコ超会議2023について

名称:ニコニコ超会議2023
主催:ニコニコ超会議実行委員会

開催日時
ネット:2023年4月22日(土)~30日(日)
リアル:2023年4月29日(土)・30日(日)

会場
リアル開催:幕張メッセ国際展示場1~11ホール+イベントホール
ネット開催:ニコニコ公式サイト・総合TOP

出展ブース
出展場所:幕張メッセ国際展示場1階 「出展社・出展団体ゾーン」ホール4 B-42「茨城県」ブース 
来場者は、開催期間中いつでもAIを搭載した「AI茨ひより」と対話することができる。

茨城県公認VTuber「茨ひより」について

名前:茨(いばら)ひより(愛称:ひよりん)
茨城県庁に勤める県職員。
異動によりいばキラTVの公式アナウンサーとして、平成30年8月3日付で“バーチャル広報課・VTuberチーム”に配属。

関連情報:https://www.ibakira.tv/

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。