小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

お城ファンが選んだ今年行きたい「推し城」ランキング、3位犬山城、2位姫路城、1位は?

2023.04.27

お城ファンが自分の「推しの城」を投票する「Castle of the Year」は、2019年にスタートし、毎年「テーマにあわせたお城ファンの推しの城」をランキング形式で発表する、お城情報WEBメディア「城びと」の人気企画だ。

「城びと」は、 城の日(4月6日)を記念して、「城びと」を利用している全国のお城ファン1202人を対象に2022年に実施したアンケート結果をもとに「2023年に行きたい!お城ファンの“推し城”20」を発表。

今回は、「今行ってみたいお城」「行くのをおすすめしたいお城」をテーマに、日本100名城・続日本100名城の計202城の中から、「推し城」を1人2城投票してもらったので、早速結果をお伝えしよう。

お城ファン1202人が「推しの城」を投票!ランキング上位20位のお城を発表

1位は、前回初めて1位の座を獲得し、今回連覇を果たした松本城。

「漆黒の天守閣と周りの堀や赤橋、そしてアルプスの山々とのコントラストがサイコーでした」「今年、初めて登城しましたが、ひと目惚れしてしまいました。一度では見足りなくて2度登城!朝も夜も出掛けて、ずーっと見惚れてました!」など、北アルプスを背景にした漆黒の城や町並みの美しさを称えるコメントが多数集まった。なかには、「3年程前に伺いましたが、いまだに夢に出てきます」といった声も。

2位は、世界遺産にも登録されている姫路城。「どこにいても必ず城が見えて見守られている安心感と圧倒的な威圧感がたまらない」と、その唯一無二の存在感とスケールに圧倒される感想のほか、地元のお城ファンからの熱い声も多く集まった。

3位は「城下の街並み、お城の立地、天守からの眺望、所有者変遷の経緯など、すべてが魅力的。 近くに行くと必ず立ち寄ってしまいます」と、こちらも前回に引き続き犬山城がランクイン。

またトップ10のお城では、「戦争や震災を越えて、希望を与えてくれているお城だと思う」(4位・熊本城)、「戊辰戦争時に1日3000発の砲弾を打たれながらも耐え抜いたから。 お城の姿を見るだけで泣けます」(8位・会津若松城)と、落ち着かない情勢の世の中にあって、力強さや希望の象徴のお城を推す声が多く集まった。

さらに前回に引き続き、安土城や苗木城をはじめ、山中城、高取城などの建物が残っていない山城も多数ランクイン。

「妄想するだけで幸せになれる城だから」(9位・安土城)、「障子掘、畝堀の比類なき美しさと壮絶な戦いが繰り広げられたこととのギャップが感慨深い」(13位・山中城)など、残された石垣や堀を眺めながら、歴史や武将に思いを馳せ、お城めぐりを楽しんでいる。

一方、「若武行列や武者と街歩きなどのイベントが本当に楽しいです」(15位・松江城)、「毎日イケメン武将さまが観光客のおもてなしをしてくれます。土日祝の演武と言われるパフォーマンスは絶対見るべし!」(16位・名古屋城)、「城下町も含めて当時の雰囲気が色濃く残り、魅力に溢れているから」(20位・岡城)など、お城の遺構だけでなく、城下町やおもてなし武将隊、イベントなどを一緒におすすめする声も目立つ。

調査概要
調査期間:2022年9月18日~2022年12月25日
調査対象:1,202人(「城びと」読者の男女)
調査方法:「城びと」読者を対象にインターネット調査を実施。日本100名城、続日本100名城の計202城から、自身の「castle of the year」(2022年のテーマは、「今行ってみたいお城」「行くのをおすすめしたいお城」)を2城選び、投票いただいたものを集計。
※日本100名城、続日本100名城は公益財団法人日本城郭協会選定

関連情報:https://shirobito.jp/

構成/Ara

DIME最新号の特集は「ベストエアライン2023」「東京vs大阪 シン名所対決」、豪華付録は旅に使える「声で操作するLEDフレキシブルライト」

DIME6月号の特別付録は、旅行、仕事、家事、趣味、日常生活で大活躍な「LEDフレキシブルライト」。電源のオン/オフはもちろん、3種類の点灯色と6段階の明るさをボイスコマンドで簡単に切り替えられます。さらに、アームはぐにゃぐにゃ曲がるので、ライトを好きな角度に向けることも可能。邪魔にならない位置にセッティングできるうえ、コンパクトなので持ち運びにも便利です。機内や車中泊の手元灯に、オンライン会議に、模型製作に、ベッドや収納、廊下の灯りと様々なシーンで活用してみてください。

■第1特集  今年こそ海外旅行へGO! ベストエアライン2023

マスク着用の自由化に続き、GW明けの5月8日には新型コロナの分類が季節性インフルエンザと同じ「5類」に引き下げられる。となれば「リベンジ海外」まったなし!今回はこの3年間にバージョンアップしたエアラインの最新事情をレポートする。

ご購入はお早めに!

【Amazonで買う】

【セブンネットショッピングで買う】

※電子版には付録は同梱されません。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。