小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年のほたる、飛び始めるのはいつ頃?

2023.04.28

まもなく、全国各地でほたるの見ごろを迎える。闇夜の水辺に舞う美しい光は、1年のうちわずかな期間しか見られない特別なものだ。

では、各地域別におけるほたるの出現時期は、具体的に何月何日になるのだろうか?

ウェザーニューズはこのほど、ほたるの出現時期や出現ピークを予想した「ほたる出現傾向」を発表した。

ほたるの出現は例年並〜早い予想!西・東日本では5月中旬から出現ピーク

ほたるは、冬の終わり頃から春にかけての気温が高いほど、飛び始める時期も早くなる。今年の1〜2月は寒い日もあったが、3月以降は寒気の南下が弱く平年よりもかなり暖かくなった。

この先4月下旬から6月にかけても気温は平年より高めで経過する見込み。このため、ほたるの出現は西日本で例年並〜早く、東日本でやや早い~早く、北日本で例年並〜早くなる予想だ。

今後、西日本では5月中旬までに飛び始めるところが多く、5月中旬~下旬に出現のピークを迎える。東日本では5月下旬までに飛び始めるところが多く、5月中旬~6月上旬に出現ピークを迎える予想だ。

東北では5月下旬〜6月中旬に飛び始めて、6月中旬〜7月上旬に出現ピークを迎える見通し。北海道では6月下旬〜7月下旬に飛び始めて、出現ピークは7月上旬〜8月上旬になりそうだ。

ほたるの出現は気象的な要因だけでなく、卵や幼虫が生育する川の環境の影響も受ける。川が増水すると卵や幼虫が流されてしまうことがあり、昨年の夏から秋に前線や台風の影響で大雨となった地域では、今年のほたるの出現数が減少する可能性がある。

ほたる観賞に適した気象条件や時間帯

ほたるの光は求愛行動と言われている。幻想的な光を点滅させながら舞うのがオス、葉の上などでじっと止まっているのがメスだ。ほたるは光を嫌うため、曇っていて月明かりのない日・風が弱い日・気温は20℃以上という気象条件が揃った日に多く姿を現す。

ほたるは日没後、暗くなった19時半頃から徐々に舞い始める。徐々に舞う数が増えていき、20〜21時頃にピークとなる。夜に3回ほど舞い、20時〜21時の1回目が終わると、次は23時頃、その次は日付を越えた2時前後となる傾向がある。

ただし21時を過ぎると、ほたるの数が少しずつ減ってくるため、見に行く時間は20時〜21時頃が良さそう。ほたるは光や騒音などにとても敏感で繊細な生き物だ。人工的な光や大きな音を出してしまうと、求愛行動・繁殖の妨げになってしまう。観賞に行く際には、最新の注意を払ってそっと静かに見守るよう心がけよう。

出典元:株式会社ウェザーニューズ

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。