小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

何台覚えてる?日本上陸70周年を迎えたフォルクスワーゲンの名車を辿る

2023.04.25

日本人に愛され続けているフォルクスワーゲン。その歴史は1953年に始まり、今年で70周年を迎えた。そこで、70年に渡る歴史の中で、多くの人に愛されてきた様々なモデルや長い歴史を紹介しよう。

“People’s Car”として親しまれてきたこれまでの歴史

■1953年 
フォルクスワーゲンが日本にやってきた!

本格的なフォルクスワーゲン車の輸入がスタートし、タイプ1(通称:ビートル)が日本の道を走り始めた。

■1960年代 
優雅でスタイリッシュなカルマンギアが憧れの的に

高度経済成長期に入り、より自動車が人々の身近な存在になっていく中、輸入・販売が始まったカルマンギア。その優雅な曲線で構成されたスタイリッシュさが支持された。

■1970年代 
ゴルフマジックが巻き起こる!

大阪万博が開催された5年後の1975年に、日本で初代ゴルフの輸入・販売がスタート。新進気鋭のイタリア人デザイナーG・ジウジアーロがデザインした斬新なレイアウトはゴルフマジックと呼ばれ、日本の人々に大きな衝撃を与えた。

■1980年代 
スポーツシリーズGTIの正規輸入が開始

80年代後半からバブル経済に入っていく中、スポーツカーの人気が急上昇。日本でも初めてフォルクスワーゲンのスポーツシリーズGTIの正規輸入が始まり、ゴルフ2GTIが注目の的に。見た目は普通のハッチバックながら、 本格的な走行性能を持った“羊の皮を被った狼” として、クルマ好きから人気を集めた。

■1990年代 
ビートルの再来

「1日3台ビートルを見たら幸せになれる」「白色は好きな人と結ばれる」など様々な都市伝説が語られるほど、日本で親しまれてきたタイプ1(通称:ビートル)。そんなフォルクスワーゲンのシンボリックなモデルが時代に合わせてアップデートし、ニュービートルとして日本でデビューした。

■2000年代 
タイガーとイグアナが合体したSUV!?

ミレニアムという時代の節目を迎え、更に進化を続けるフォルクスワーゲン。2005年には日本累計100万台の輸入を達成した。さらに2008年にはフォルクスワーゲン初のコンパクトSUV、ティグアンの輸入・販売がスタート。タイガーの力強さとイグアナの粘り強さをイメージしてネーミングされた。

■2010年代 
ゴルフが輸入車初の日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞

日本の新たな象徴となるスカイツリーが完成した翌年の2013年、7代目のゴルフが日本の道を走り出した。ゴルフは輸入車で初めて日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。フォルクスワーゲンを象徴するモデルがさらなる進化を証明した。

■2020年代 
ID.4で新時代がスタート。

2050年までにCO2排出量実質ゼロを目指す「Way to ZERO」。その実現に向けた、日本で最初のフル電動SUV「ID.4」が2022年に発売された。さらに今後もフォルクスワーゲンのEV、ID.ファミリーが次々と日本に導入される予定となっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。