小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

乗ってわかった走行性能への自信と満足感!完成度の高さに驚いたSUBARUの新型「インプレッサ」プロトタイプ

2023.05.03

スバルの屋台骨を支える1台がインプレッサ。初代は1992年にデビューし、2023年4月20日に発売されたこの新型は6代目となる。これまでハッチバックタイプは「IMPREZA SPORT」と呼ばれていたが、新型では「IMPREZA」というシンプルな車名に変更されている。

クロストレックよりスポーティな走りを目指した新型インプレッサ

実は、新型インプレッサのクロスオーバーモデル版となるクロストレックが先にデビューしているのだが、基本はもちろんインプレッサのほうで、プラットフォーム、パワーユニットなどは共通だ。最低地上高はクロストレックの200mmに対して135mm(e-BOXER)となり、水平対向エンジンのメリットとともにより低重心であることは間違いない。つまり、同プラットフォーム、パワーユニットを積むクロストレックよりスポーティな走りを目指したのが新型インプレッサということになる。

エクステリアデザインはどこから見てもインプレッサであり、ボディサイズも先代に対して全幅が1780mmと5mm増しただけで、先代の持つサイズ感、運転のしやすさは不変と言っていい。

ユーティリティ・スポーツカーをコンセプトとするインプレッサとクロスオーバーモデルのクロストレックとの違いは、エクステリアデザインだけではない。クロストレックが水平対向2Lエンジン145ps、19.2kg-m+モーター13.6ps、6.6kg-mのマイルドハイブリッド=e-BOXERのみのパワートレーンになったのに対して、インプレッサはSTグレードとして2L直噴ガソリン、154ps、19.7kg-m、WLTC燃費15.8(2WD)~14.7(AWD)km/L、およびST-G、ST-Hグレードとしてクロストレックと共通のe-BOXERの2種類のパワーユニットをリニアトロニックとの組み合わせで用意している。

タイヤサイズもクロストレックと異なる。クロストレックではリミテッドに18インチ、ツーリングに17インチを組み合わせているが、新型インプレッサはガソリン、マイルドハイブリッドのe-BOXERモデルともに17インチを採用する(STが205/55R17、ST-G、ST-Hは215/50R17)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。