小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

PayPayは使える?ネットは見られる?KDDIとソフトバンクの「副回線サービス」は緊急時にどこまで使えるか

2023.04.25

■連載/石野純也のガチレビュー

 KDDIとソフトバンクは、災害時や通信障害時に切り替えて利用できる「副回線サービス」を開始した。両社がお互いに回線を貸し借りし合い、KDDIはソフトバンクの、ソフトバンクはKDDIのSIMカードやeSIMを利用する。ユーザーがeSIMを含めたデュアルSIMの端末に副回線をセットしておけば、いざという時に予備の回線を使って通信することができる。

 同サービスの開発は、2022年7月に発生したKDDIの大規模通信障害を受け、急ピッチで進められてきた。総務省では緊急時の事業者間ローミングを実現する動きもあるが、より短期間で簡易的に導入できる手段として、デュアルSIMの活用に白羽の矢が立った格好だ。両社とも、ドコモとも協議をしているというが、現時点ではサービスを契約できるのは、au、UQ mobileかソフトバンクのユーザーに限定される。

KDDIとソフトバンクは、お互いの回線をもしもの備えとして契約できる副回線サービスを開始した

 “通信の保険”として導入されただけに、料金はかかる。KDDI、ソフトバンクともに、料金は月額429円。他社の回線を利用しているが、通常のオプションサービスと同様、利用料は普段契約しているキャリアから一括で請求される。他社回線ではあるが、ワンストップサービスを実現したというわけだ。緊急時の通信手段として注目を集めていた副回線サービスだが、実際の使い勝手はどうか。KDDIでソフトバンクの副回線を契約して、使ってみた。

ワンストップで契約は簡単、SIMの種類には要注意

 副回線サービスは他社回線を利用しているが、契約や料金の支払いがワンストップになることを特徴にしている。実際、筆者が直接契約したのはKDDIで、申し込みの手続きなどはすべてKDDI側のサイトで行った。ここでかかる料金も、KDDIで確認することが可能だ。わざわざソフトバンクショップに行ったり、my SoftBankのアカウントを作ったりする必要は一切ない。バラバラに2社の回線を契約するのと比べると、管理の手間がかからないと言えるだろう。

KDDIの場合、副回線サービスは専用サイトから申し込む

 筆者のケースではあくまで提供主体はKDDIになるため、本人確認も簡素化されている。もう1回線契約している事実には変わりがないため、さすがに氏名や住所などの入力は必要だったものの、免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類の提出は不要。au IDでログインしたあと、画面上に入力をしていくだけで契約が完了した。Apple Watchでセルラー契約をしたことがあるユーザーなら、あれに近い手続きと言えばわかりやすいだろう。

契約者情報の入力は必要だったが、本人確認書類は求められなかった

 KDDIは手持ちの端末に合わせて、物理SIMかeSIMプロファイルのどちらかを発行している。eSIMに対応したiPhoneの場合は、後者になる。筆者が今回選択したのも、eSIMだ。シングルSIMの端末で物理SIMしか刺さらない場合などは、そちらを選択することもできる。ただし、コンシューマー向けに物理SIMの副回線を提供しているのはKDDIのみ。ソフトバンクは、選択肢がeSIMに限定される。そのため、iPhoneやPixelなどのeSIM対応端末を持っていない場合は、利用自体ができない。提供しているSIMの種類がキャリアごとに異なる点には、注意が必要だ。

KDDIはソフトバンクの物理SIMとeSIMの両方を提供する。逆にソフトバンクはeSIMのみだ。ただし、KDDIの場合もiPhoneを選ぶとeSIM限定になる

 KDDIは現時点でオンライン限定、ソフトバンクはソフトバンクショップ限定と、キャリアによって販路が分かれている。正直なところ、オンラインで申し込めるようであれば、MVNOなど、別の選択肢も出てくるため、そうした手続きが苦手な人のためにも、ぜひショップでの取り扱いも行ってほしい。その方が、副回線サービスの提供目的にも沿うはずだ。

 逆に、eSIMプロファイルを発行するプロセスにも改善が必要だ。筆者はKDDIに申し込んだため、オンラインでの申し込みになったが、設定のためのQRコードが紙に印刷され、段ボールで自宅に届いた。eSIMの魅力は、いつでもどこでも端末にインストールできるところにある。QRコードや設定のためのアドレスは紙に書いてある必要がなく、メールで事足りてしまう。郵送を待つ必要もあるため、ここはぜひオンライン化を進めてほしい。

手続きはWebで完結したが、QRコードが書かれた紙は宅配便で送られてきた。ここはデジタル化が必要だ


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年9月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ハンディーボディケア」、特集は「Google超研究」「腰痛対策の極意」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。