小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

意外と知らない!?イベントの時によく聞く言葉「MC」の意味と正しい使い方

2023.05.07

テレビやショーなどで、MCという言葉を聞くケースがあります。何となく意味は分かっていても、何の略なのかまでは知らない人もいるでしょう。一般的なMCの意味や求められるスキル、業界別の意味の違いなどを紹介します。

一般的な「MC」の意味は?

MCはイベントを滞りなく進めるために必要な存在です。どんな意味を持つ言葉なのか、見ていきましょう。

英語で「Master of Ceremonies」

MCは『Master of Ceremonies(マスター・オブ・セレモニー)』を略したもので、日本語にすると『司会者』という意味になります。司会者の役割は式典やイベント全体の内容を掌握し、予定通りに進めていくことです。

イベントを盛り上げたり成功させたりするために欠かせない存在であり、担当するイベントの内容によっては、出演者から会話を引き出すために質問をするケースもあります。

どのような人がMCに選ばれるかはイベントの種類によって異なり、大規模なイベントの場合、プロの司会者やアナウンサーなどが担当する場合も珍しくありません。

ライブやコンサート中のトークにも

Master of Ceremoniesの意味が転じて、ライブやロックコンサートなどで演奏者がトークをすることもMCと呼ばれています。観客を盛り上げたり、演奏者の心境や楽曲への思いを伝えたりするためにMCが行われるのが一般的です。

音楽のジャンルの一種であるヒップホップの用語として、MCが使われるケースも少なくありません。ヒップホップでは、リズムに乗ってしゃべるように歌う方法を『ラップ』と呼び、ラップを行う人をラッパーといいます。

このラッパーをMCと呼び、ラッパー同士が即興で競い合うことを『MCバトル』と呼ぶケースがあるのです。

「MC」が活躍する場所はテレビ以外にも

日常でMCという言葉を聞く機会があるのはテレビの世界が多いですが、テレビ以外にもさまざまな場所で活躍しています。どんな場所で必要とされるのか、見ていきましょう。

イベントやショーも活躍の場

MCはイベントやショーなど、さまざまな場所で必要とされます。映画の試写会、ヒーローショー、企業の記念式典や新商品発表会、表彰式などでも活躍しており、成人式や結婚式のような行事でも司会進行役を置くのが一般的です。

イベントによって、どのような雰囲気で進めていけばよいのかは異なり、主催者側の意向で厳かに進めていく場合もあれば、華やかさや盛り上がりが求められる場合もあります。

レクリエーションを目的としたイベントでは、ゲームなどを盛り上げるために、明るい雰囲気のMCが必要とされるのが一般的です。

「MC」に求められるスキルとは?

司会者

(出典) pixta.jp

MCは誰でも簡単にできる仕事ではなく、経験を元に培われたスキルが必要です。大舞台を取り仕切るようなMCになるには長い訓練期間が必要で、優れたMCとして認められるのは簡単なことではありません。どのようなスキルが求められるのか、見ていきましょう。

場の空気を読んで進行する能力

MCはその場の空気を読みながら、イベントを進めていかなければなりません。空気を読む能力に欠けると、参加者は退屈に感じたり居心地が悪くなったりします。

MCが空回りすると、イベントが盛り上がらない原因になります。どんな司会進行をすれば、そのイベントが成功するのかを考えながら、時間通りに必要な行程を進めていく器用さも必要です。

また、予定していたスケジュール通りにイベントが進まない状況になるケースは珍しくありません。出演者の到着が遅れたり、予定していた催しができなくなったりした際には、機転を利かせて対処する場面も出てくるでしょう。

場を盛り上げるトーク力

空気を読むだけでなく、その場を盛り上げるために何を伝えればよいのか、考えて話せるトーク力も必要です。場合によっては、出演者から必要なトークを引き出すスキルも求められます。

たくさんの出演者がいるのに、MC自身が喋ってばかりでは、その場がしらける原因になるでしょう。トークショーを担当するMCは、どのようにすれば相手が気持ちよく話せるかを考えて発言しなければなりません。コミュニケーション能力に欠ける人には向いていないといえます。

また、何を求められているのかを考えて、その場が盛り上がるようなトークをするだけでなく、声の抑揚を上手に使って、その場に合った雰囲気をつくり出すための表現力も必要です。

業界によって異なる「MC」の意味

マイク

(出典) pixta.jp

MCは、司会が必要な場面だけで使われる言葉ではありません。業界によっては、まったく違う意味で使うケースがあるのです。ビジネスシーンや占いの世界では、どんな意味を持つのか確認しましょう。

マーケティング・コミュニケーション

ビジネスシーンにおいて、企業のマーケティング施策である『マーケティング・コミュニケーション(Marketing Communication)』の頭文字を取って、MCと略す場合があります。

MCは商品やサービスを顧客に認知してもらい、購買に結び付けるための活動を指し、マーケティング戦略を成功させるために、なくてはならない要素の一つです。

具体的には、商品の広告やPRを行うことなどが該当します。さまざまな方法がありますが、自社の商品やサービスを売り込むために、最適なものを見つけることが重要です。

西洋占星術ではホロスコープの頂点を指す

西洋占星術に使用するホロスコープ(天体図)の頂点にあるものをMCと呼び、鑑定の際に利用されます。西洋占星術は、生まれたときの天体や星座の位置を利用して、さまざまな要素を複雑に読み解きながらその人の運命を占うのが特徴です。

ホロスコープの頂点にどの星座があるかによって、その人が活躍できる場所や向いている仕事などが見つかるとされ、社会・権力・会社・天職などの鑑定に用いられています。

西洋占星術で仕事運を占う際には、MCが重要なポイントになると覚えておきましょう。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。