小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【最新ビジネス図解】全国の保育所が続々と導入するBABY JOBのおむつサブスク「手ぶら登園」

2023.04.20

誰もが負担に感じていた「保育所のおむつ問題」を解決するBABY JOB。同社のマーケター東ネネ氏に取材し、事業のキモを掘り下げた。

最新ビジネスの視点

BABY JOBは、保護者に決済システムを、保育所にユーザー管理と発注管理のシステムを提供。おむつを発注すると、提携するユニ・チャームから保育所に直接おむつが届く。

保護者はおむつを持参する必要がなくなり、「手ぶら登園」に一歩近づく。保育所には一切の出費がない。「(保護者、保育士、メーカーの)三方良しの仕組みで、めちゃくちゃ広がると思っていた」と代表の上野公嗣氏は、ローンチ当初を振り返っている。

いっぽうで、「保護者がおむつに名前を書いたり、保育所で管理することが、煩わしいのはわかる。でも、ビジネスになるほど大きな課題だろうか?」。そう思った読者の方は多いのではないだろうか。

実際に2019年のサービス開始当初、保育所へのセールスは大変苦労したという(保育所に無償でシステムを提供し、保護者に案内してもらうという商流)。「おむつは保護者が持ってきてくれるからよい」「そんなに困っていない」という反応が大半だった。

他に困っていることは山ほどあるし、オペレーションの変化は現場の負担になる、と敬遠される。何より、保護者がおむつを持参するのは当たり前過ぎて、解決するべき課題とも認識されていなかったのだ。

しかし、使ってみると便利さがわかる。保護者から預かったおむつを管理し、他の子と間違えないように気を使い、在庫が少なくなると保護者にアラートを送る、といった業務の負担は、当人たちの思いの外大きかったのだ。

保護者側の認識の変化もよく似ている。おむつの名前書きは、声を上げて改善するような課題ではなかったかもしれない。しかし、やらずに済む方法を提示されてみると、仕事と子育ての両立で多忙な保護者にとっては、ほんの数分でも時間ができるサービスはありがたかった。

今後はおむつ以外にも幅広い領域で、「すべての人が子育てを楽しいと思える社会」を実現するのが、同社のビジョンだ。2022年2月からお昼寝用コットカバー、2023年4月からは保護者らの要望が大きかった食事用紙エプロンと、手口ふきのサブスクをスタート。今後もサービスの領域を広げていく見込みだ。

同社の東ネネ氏は、「仕事と子育てを両立する保護者に、何が大変か、と聞いても意外に答えが返ってこない。何かを具体的に挙げるのが難しいほど、慣れない中で、当たり前になっているタスクが多いのだろう」と指摘する。おむつの名前書きが象徴するように、言葉にもならない細々とした負担の解消を、積み重ねるしかないのだろう。

そんな小さな課題に気づいてもらうためには、BABY JOB自身が信頼されることが重要。「子育ての大変さをわかってくれる会社」「あの会社のサービスなら薦めてみたい」と思われる存在になれれば強い。

そのために同社は、ビジネス外の社会課題の解決プロジェクトに取り組んでいる。例えば「保育園からおむつの持ち帰りをなくす会」の運営だ。

保育所での使用済みおむつの処理には、明確なルールがない。一部の保育所で保護者が持ち帰っており、「帰りに買い物もできない(保護者)」「小分けの手間がかかる(保育所)」といった課題があるが、これは事業で解決しにくい。

そこで同会では1万6000名の署名を集め、要望書とともに厚生労働大臣に提出した。後に厚生労働省は、使用済みおむつを保育園で処理することを推奨する旨を、各自治体へ通達している。

+1Point

「手ぶら登園」会員の保護者には、毎月解約の確認メールが届く。成長の証であるおむつの卒業を、ともに喜ぶスタンスだ。

収益面ではマイナスかもしれないが、保護者の満足度は高まり、保育所も進んで推薦してくれるようになる。次の年に入園する子どもたちに使ってもらうことで、ビジネスが持続する。

取材・文/ソルバ!
人や企業の課題解決ストーリーを図解、インフォグラフィックで、わかりやすく伝えるプロジェクト。ビジネスの大小にかかわらず、仕事脳を刺激するビジネスアイデアをお届けします。 
https://solver-story.com/

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。