小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

全国のスーパーにおける1日1店舗あたりの個人買い物購入金額は前年同月比で約1.7%、+44円の増加

2023.04.18

原材料価格高騰や物流コスト上昇が続く今、家計が圧迫されていると感じている人は多いはず。こうした中、生活者がスーパーマーケットで購入する商品の金額や数量には、どんな変化がみられるのだろうか?

東芝データはこのほど、東芝グループの電子レシートサービス「スマートレシート」の会員約120万人のレシートデータから全国のスーパーにおける1人1日1店舗あたりの買い物平均購入金額・単価・数量の最新データを調査し、実購買から見る生活者の行動変容を可視化した。

平均単価は前年比約3.2%増、平均数量約1.4%減

2023年3月の平均購入金額は、前年同月比で約1.7%(+44円)増加しており、減少傾向であった2月から一転、再び平均購入金額が増加に戻るといった結果となった。

これは平均単価が約3.2%(約+7.0円)上昇したのに対し、平均購入数量は約1.4%(約-0.2点)減少したことが要因となるが、直近1年を通してみると徐々に平均購入数量の落ち込み幅が鈍化傾向となっていることが見て取れる。(下記グラフ参照)

2023年4月は、食料品や飲料、日用品など5,000品目以上の値上げが予定されている。原材料価格高騰・物流コスト上昇など、今年度も断続的な値上げの実施が行われる見込みとなり家計を苦しめる状況は続きそうだ。

出典元:東芝データ株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。