小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

軽とは思えない上質感!パワフルな走りも楽しめるダイハツ「タント カスタム RS」

2023.04.16

■石川真禧照のK-CAR徹底解剖

 2019年に発売された現行モデルは、好調な販売を続け、2022年も軽自動車部門でベスト3に入っているだけでなく、普通乗用車を含めた販売台数でも年間でベスト5に入る人気モデルを持続している。

 直近では2022年10月にスタイリングや内装を含めた改良を実施し、使い勝手と快適性を向上させている。「タント」シリーズには、ファミリー向けの「タント」、アウトドア仕様の「ファンクロス」、そして上級感のある「カスタム」がある。2022年10月のマイナーチェンジでは、とくに「カスタム」のさらなる上質感アップが目につく形となった。それはスタイリングにも表われている。

頭上のスペースはたっぷり、圧迫感のない車内空間

 フロントマスクはクロームメッキを多用しており、ヘッドライトは薄く、細長くなっている。グリルは台形の周囲をさらにクロームの枠で縁取りしたことで、上級感と高級感が増した。フロントマスクの押し出しの強さは、同じトヨタグループのレクサスに通じるものがある。

「タントカスタム」は、XとRSの2グレードが設定されている。Xは自然給気(NA)、RSはターボエンジンが搭載されている。それぞれにFF車と4WDが選べる。今回、試乗したのはFFのRS。車両本体価格は187万円。FF車では最も高額で、シリーズでは3番目に高いクルマとなる。

 運転席に座ると、まず目についたのは、目の前のメーターパネル。上部のパネルはセンターまで延び、走行に必要な情報を提供している。センター下の9インチパネルは、今回からスマホ連携ディスプレイオーディオをオプションとして採用したパーツだ。ドライビングポジションは、座面横のレバーで高さを調整できる。低めにすると、メーターがドライバーの目の高さになるので、高めのポジションがベスト。見下し型のポジションを採っても、頭上のスペースはたっぷりとあるので圧迫感はまったくない。

 アームレストは運転席用、助手席用が備わっている。小物入れのスペースの多さもこのクルマの特徴のひとつだ。前席周りだけでも8か所ある。

 ATのシフトレバーはセンターパネルと接続しており、足元の空間は残されている。運転席と助手席のサイドスルーも無理なくできる。助手席のトレイも大きめだ。シフトレバーはP/R/N/D/S/Bの6ポジション。通常はDレンジで走行する。スタートは軽快で、64PSのターボエンジンはタイムラグもなく、加速する。エンジン音はスタートと同時に高まるが、音質はやや低音で、耳障りな音ではない。燃費は試乗中の実走値で16~21km/を記録した。ちなみにカタログ値は24.3km/Lだ。

 100km/hの巡航でもDレンジで2600回転なので、高速道路での長時間走行も苦ではなかった。ちなみに、Sレンジにシフトするとエンジン回転は4400回転に上昇する。加速性能は0→80km/hで9秒台。10秒を切れば速い部類に入るので「カスタムRS」はスポーティーなスーパーハイトワゴンだといえる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。