小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

リモートワークをしている米国の会社員は勤務時間中に年間約200時間をアダルトコンテンツの視聴に費やしていた

2023.04.09

一部は年間契約時間の33%しか仕事のタスクに費やしていないことも判明

消費者向けプライバシー・セキュリティ企業であるExpressVPNが実施した調査によると、米国ではリモートワークを行なう会社員が、個人的なタスクや活動のために仕事用デバイスを使用して年間数百時間の契約勤務時間を浪費していることが判明。一部の者は、年間契約時間の33%しか仕事のタスクに費やしていないことが明らかになったという。

近年、ハイブリッドワークや在宅勤務が急増していることから、多くの企業ではノートパソコンやデスクトップ、電話、マイクなど、自宅で快適に使える仕事用デバイスを社員に支給している。

今回の調査は、英国と米国のハイブリッドワーカーとリモートワーカー各1,000人、合計2,000人を対象に、仕事用デバイスを個人的なタスクにどのように使用しているかを調査したものだ。

調査結果によると、米国の回答者の2/3以上が、個人的なメールのチェック(70%)、ニュースやオンライン検索といった一般的な個人的活動(69%)、ネットショッピング(65%)、SNSの閲覧(64%)に仕事用PCを使用していることを認めている。

また、41%の従業者は、年間196労働時間を仕事用のデバイスで成人向けコンテンツを見たり、200時間をダークウェブへのアクセスに使用したことがあると認めており、一部の活動は会社にとってリスクが高いと言える。

男性は女性よりも仕事用のデバイスを個人的なタスクに使用している

全体的に、男性は女性よりも仕事用のデバイスを個人的なタスクに使用していることもわかった。

個人的な活動のうち、もっとも行なわれているのが個人メールのチェックで、男性は年間334労働時間、女性は209労働時間と、男性はより多くの時間を費やしていた。

また、成人向けコンテンツを見る時間も、男性が年間255時間であるのに対し、女性は130時間と、男性の方が長くなっている。

ただし問題が放置されているわけではない。調査によると、仕事用のPCを使ってダークウェブを閲覧したことを認めた従業員の84%が、そのことについて雇用主から注意を受けたことがあることが判明。

さらに、83%が成人向けコンテンツの視聴について、81%がオンラインギャンブルについて注意を受けたことがあると回答した。

これらの社員に対する最も一般的な処分は、雇用主からの作業用デバイスの適切な使用に関するトレーニング(28%)と、口頭での警告(25%)だった。

ExpressVPNプライバシーアドボケート ローレン・ヘンドリー・パーソンズ氏のコメント

「米国人が勤務時間中に個人的な活動にどれだけの時間を費やしているのか、特にこれらの作業に仕事用のデバイスを使用していることは気になるところです。これは生産性の問題だけでなく、企業のプライバシーやセキュリティのリスクレベルに悪影響を及ぼす可能性があります。

すべての仕事用デバイスのインターネット接続をロックしたり、士気を下げるような監視をしたりしない限り、従業員の私的利用を阻止することは非現実的です。

その代わりに、ビジネスリーダーは、従業員にしっかりとしたセキュリティ教育を施し、従業員自身が抱えるリスクやフィッシング攻撃などの回避方法について理解させる必要があります。従業員は、会社のデバイスを使用することは、何らかの形で会社に知られることを理解し、個人的な活動に使用する前に一度会社へのリスクを考える必要があります」

米国で働く上級管理職の82%が従業員が勤務時間外に働くことを期待

また今回の調査では、従業員の業務用デバイスの使用状況だけでなく、米国で働く上級管理職の82%が、従業員が勤務時間外に働くことを期待していることも明らかになった。

このような残業へのプレッシャーが、多くの従業員が仕事用デバイスを私的な活動に使っている理由の一つかもしれない。

また雇用主がオンラインの安全性を確保するために実施しているプライバシーとセキュリティの予防策についても調査が行なわれた。

どの結果、94%の企業が、リモートワーカーに対して少なくとも1つのITセキュリティを導入しており、VPN(42%)、ウイルス対策(41%)、ファイアウォール(40%)が最も一般的だった。また、46%の企業が従業員にITに関する安全ガイドを提供していた。

調査方法 /本調査は、CensusWide社が2023年2月に英国と米国で実施したもので、調査対象はそれぞれの国で1,000人のハイブリッド社員またはリモート社員、計2,000人。インターネット調査。
調査期間/2023年2月の1か月間
有効回答数/2000

関連情報
https://www.expressvpn.com/jp

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。