小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

BMWがモダンなエクステリアデザインが印象的な新型SAC「X6」を発売

2023.04.07

ビー・エム・ダブリューは、プレミアム・ミドル・セグメントにおける唯一のSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)「X6(エックスシックス)」の新型モデル(一部改良)の販売を開始。納車は、本年7月からを予定している。

X6 M Competition

X6は、クーペ特有の優美で個性的な外観デザインと卓越したオフロード走行性能を備えた世界初の「スポーツ・アクティビティ・クーペ(SAC)」として、2008年に初代モデルが誕生。

今回発表の新型X6は、2019年に登場の第3世代モデルをベースに、特にエクステリアおよびインテリア・デザインを、よりモダンなデザインとし、BMWらしい走行性へのこだわりと、高い実用性を兼ね備えたモデルとなる。

X6 M60i xDrive

この新型X6のラインアップには、BMW M社が開発する2つの高性能マシンMモデルを、ラインアップする。

1つはサーキットでの本格的な走行を可能とすべく開発されたMハイ・パフォーマンス・モデルとなる「X6 M Competition(エム・コンペティション)」、もう1つはサーキットで培われた技術を余すことなく取り入れ走行性能を高めたMパフォーマンス・モデルとなる「X6 M60i xDrive(エムロクマルアイ・エックスドライブ)」である。

X6 M60i xDrive

新型X6は、日本においては、BMWが初めて国土交通省からの認可を取得した、一定の条件下において、ステアリングから手を離しての走行が可能なドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システム「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」の搭載等、最先端の運転支援システムに加え、最新世代のコネクティビティも有し、「OK, BMW」と話し掛けることで、車両の操作、目的地の設定等が可能となっている。

さらにApple CarPlayへの対応、スマートフォンで事前に検索した目的地を車両に送信する等、利便性が大幅に高められたモデルである。

また、BMWデジタル・キー・プラスの標準装備により、車両のキーを持たずとも、対応のスマートフォン、スマートウォッチを携行していれば、車両に近づくだけでロック解除が可能であり、さらに車室内にロック解除に使用したデバイスがあるだけで、エンジンの始動も可能となっている。

スポーティさを強調したデザイン

X6 M Competition

新型X6のエクステリア・デザインは、BMWのラグジュアリー・モデルに相応しい圧倒的な存在感、ダイナミズム、威風堂々たる佇まいに加え、スポーティさを強調している。

X6 M Competition

フロント・デザインの象徴の1つであるヘッドライトは、BMWモデルとして初めて採用となる矢印型デイ・ライト機能を有したLEDヘッドライトを採用。

フロント・バンパーは大型化し、プラグイン・ハイブリッド・モデルにおいては、暗闇で光を放ち存在感を増すアイコニック・グロー・キドニー・グリルとする事で、夜間における存在感を増している。

X6 M Competitionのインテリア

X6 M Competitionのインテリア

X6 M Competitionのインテリア

インテリアにおいては、12.3インチのメーターパネルと、14.9インチのコントロール・ディスプレイを一体化させ、運転席側に湾曲させた最新のカーブド・ディスプレイの採用により、優れた視認性と高い操作性を実現し、BMW特有のiDriveコントローラー回りをすっきりとさせる事で、運転席まわりの空間を広くし、モダンな印象を与えている。

4.4L V型8気筒ターボエンジン搭載

高効率ガソリン・エンジンを搭載するMパフォーマンス・モデルであるX6 M60i xDriveは、4.4L V型8気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンに、ダイナミックな走りを実現する8速ステップトロニック・スポーツ・トランスミッション、さらには、48Vマイルド・ハイブリッド・システムが組み合わされ、システム・トータル最高出力530PS(390kW)、システム・トータル最大トルク750Nmを発揮する。

Mハイ・パフォーマンス・モデルのX6 M Competitionは、4.4L V型8気筒BMW Mツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンに、ダイナミックな走りを実現する8速Mステップトロニック・トランスミッション、さらには、48Vマイルド・ハイブリッド・システムが組み合わされ、システム・トータル最高出力625PS(460kW)、システム・トータル最大トルク750Nmを発揮する。

※スペックはヨーロッパ仕様値

ドライビング・ダイナミクス

X6 M Competition

ダイナミックな走行性能、あらゆる運転状況における抜群の安定性、高精度なハンドリング性能、優れた乗り心地、世界最高のドライビング・ダイナミクスの実現を目指し、新型X6には、様々な最先端シャシー・テクノロジーを採用している。

X6 M60i xDriveには「アダプティブMサスペンション」が、X6 Mには「アダプティブMサスペンション・プロフェッショナル」が装備され、それぞれのモデルの特性に応じた、快適で安全なハンドリングを実現している。

さらに、X6 M60i xDriveには、卓越性とハンドリングの快適性を高める電動パワー・ステアリング「インテグレイテッド・アクティブ・ステアリング」が装備される等、最新テクノロジーを、およびX6 M Competitionに標準装備することで、まったく新しい次元の走行快適性と長距離ドライブの快適性を実現している。

X6 M Competition

またX6 M Competitionに、電子制御ダンパーとアクティブ・ロール・スタビライザーを備えたアダプティブMサスペンション・プロフェッショナルを採用する事で、長距離走行において優れた快適性を実現するコンフォートモード、スポーツ走行に適合するボディ剛性を高めるスポーツ、さらに、ダイナミックな走行を可能にする、スポーツ・プラスの3種類のモードをMセットアップ・メニューから選択可能。

X6 M Competition

さらに、X6 M Competitionに、アクティブ・ロール・コンフォートを備えた直進走行時の快適性向上に寄与するアクティブ・ロール・スタビライザー、Mスポーツ・ブレーキ、優れたトラクション性能を実現するMモデル専用4輪駆動システムM xDrive(エム・エックスドライブ)、リア・アクスルにはアクティブMディファレンシャル等を採用する事で、あらゆる状況において、Mハイ・パフォーマンス・モデルに相応しい優れた駆けぬける歓びを実現した。

【メーカー希望小売価格】

X6 M60i xDrive 16,220,000円(税込)
X6 M Competition 20,120,000円(税込)

※右ハンドル、AT仕様

【主要諸元】

■X6 M60i xDrive
サイズ:全長4,955mm、全幅2,005mm、全高1,700mm
ホイールベース:2,975mm
車両重量:2,340kg
車両総重量:2,615kg
排気量:4,394cc
エンジン:V型8気筒ガソリン
最高出力:530PS(390kW)/5,500rpm
最大トルク:750Nm/1,800-4,600rpm
電気モーター出力:12PS(9kW)
電気モーター・トルク:200Nm
システム・トータル最高出力:530PS(390kW)
システム・トータル最大トルク:750Nm

■X6 M Competition
サイズ:全長4,940mm、全幅2,020mm、全高1,695mm
ホイールベース:2,970mm
車両重量:2,360kg
車両総重量:2,635kg
排気量:4,394cc
エンジン:V型8気筒ガソリン
最高出力:625PS(460kW)/5,500rpm
最大トルク:750Nm/1,800-4,600rpm
電気モーター出力:12PS(9kW)
電気モーター・トルク:200Nm
システム・トータル最高出力:625PS(460kW)
システム・トータル最大トルク:750Nm

関連情報:https://www.bmw.co.jp/

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。