小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「iPhone 14」を1円でも安く買いたいのなら、いつ買うのが正解?

2023.04.07

2022年9月に発売されたiPhone 14。2023年4月に入って売れ行きは……良いとは言えない状況です。

スマホの売れ筋ランキングを見ても、Google Pixel 6aやXperia 10 Ⅳ、AQUOS sense7といったモデルがランキング上位で、iPhone SE(第3世代)がようやく上位に入りますが、iPhone 14はベスト10に入るか入らないかといった状況のようです。

Google Pixel 6a

Xperia 10 Ⅳ

AQUOS sense7

iPhone SE(第3世代)

ここ最近、軒並みハイエンドモデルの売れ行きが不調なことからわかるように、不調の原因には〝高価格〟が最大の理由と思われます。

一方、旧型となるiPhone 13が売れていることから、〝新型と旧型の性能差が少ない〟と感じているユーザーも多いはず。〝高い時期に新型iPhoneを買う必要がない〟と判断している方も多数います。

iPhone 13

iPhone 14はいつ安くなる?

ナンバリングされたiPhoneは毎年9月前後に発表されます。そのため新型の旬は1年間。その間に大幅な値下げは行われないのが通例です。ちなみに、iPhone 14の128GBモデルは、アップルストアにて11万9800円からとなっています。

iPhone 14 128GBモデル価格(アップルストア)

一方、iPhoneは旧モデルが併売されることがあります。2023年3月現在、アップルストアでは2021年発表モデルのiPhone 13と、2020年発表モデルのiPhone 12も併売。

iPhone 13の128GBモデルが10万7800円から、

iPhone 13 128GBモデル価格(アップルストア)

iPhone 12の64GBモデルは9万2800円からとなります。

iPhone 12 64GBモデル価格(アップルストア)

ちなみに、アップルストアで取り扱われるiPhoneの最廉価モデルはiPhone SE(第3世代)の64GBモデルで、価格は6万2800円から。この価格でiPhoneの新品が購入できるのですから、iPhone SEの人気に納得です。

iPhone SE 64GBモデル価格(アップルストア)

iPhone 14はいつ買うべき?

では、iPhone 14はいつ買うべきでしょうか? 今回、iPhone 14の売れ行きが期待ほど伸びなかった理由に、搭載するチップが最新版ではなくなったことがあると思われます。

iPhone 14に搭載されたチップはA15 Bionic。これはiPhone 13と共通です。GPUが変更になるなど細かい部分での進化はありますが、新旧モデルの差が少ないのは、ユーザーの購買欲を制限する大きな理由になっているのは否めません。

ということは、新型iPhone 15(仮)の発売まで待つというのも考え方のひとつかもしれません。

iPhone 15(仮)はいつ発売される?

例年通りのスケジュールで進行するならば、iPhone 15の発表は2023年9月もしくは10月であると予測されます。発売は9月中もしくは10月の予測となります。

iPhone 14を待つ理由……現役で使える期間から逆算してみるのも手

iPhone 14の購入を2023年9月以降まで待つのも正解のひとつだとしました。では、iPhone 14はいつまで現役で使えるのでしょうか?

iPhone 14は通信キャリアが提供するネットワークのひとつ、5Gに対応しています。今後6G、7G……とネットワークが進化していくでしょうが、5Gはしばらく継続されると思われます。

ちなみに3Gの停波スケジュールが各通信キャリアから発表され、KDDIはすでに2022年3月31日にサービス終了しています。

【参考】3G携帯電話向けサービス「CDMA 1X WIN」を22年3月31日に終了|KDDI

そもそも3Gは、ドコモが2001年に「FOMA」としてサービスイン。KDDIは2002年に開始しています。つまり、20年近くサービスが継続されてきたのです。

【参考】(2)移動通信システムの進化とその影響 – 総務省

5Gの商用サービスは、ドコモ、KDDI、ソフトバンクにより2020年3月に始まりました。つまり、そこから20年後となる2040年前後まで、5Gサービスは提供される可能性が高いです。

【参考】令和2年版 情報通信白書|我が国における5Gサービスの開始

一方、アップルのサポートはどうでしょうか?

アップルはご存じの通り、サービス向上とセキュリティ性能向上などを図るため、オペレーションシステム(iOS)を毎年アップグレードしています。

2023年6月にはiOS 17という名で最新iOSが発表され、9月頃の本格サービスインが予想されます。

ちなみにiOS 16は2022年9月に利用開始されていますが、サポートする端末は、2017年9月に発表されたiPhone XとiPhone 8/8 Plusが最古参。

このことから、毎年サポートされるモデルが更新されるとするならば、6年程度がアップルのサポート期間の限界と想定されます。それで考えるなら、iPhone 14は2022年9月発表なので、2028年9月あたりまでは新iOSのサポートが受けられる可能性があります。

つまり、仮に2023年9月以降に購入しても5年程度は〝現役iPhone〟として使えるのではないでしょうか。

※データは2023年4月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。