小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ブルーライトの照射強度が高いのはスマホやPCより太陽光だった!?

2023.04.08

ブルーライトの対策、「目のケア」を行っている人は4人に1人以上いるが、「肌のケア」を行っている人は2.3%のみ

就寝前にスマホを見ると「ブルーライト」の影響で、睡眠の質が悪くなるということをご存知の人は多いと思う。ではその他に、ブルーライトが人体に及ぼす影響をみなさんはどの程度知っているのだろうか。

第一三共ヘルスケアは、ブルーライトによる肌への影響に関する認知や対策の状況を確認することを目的に、全国の男女を対象にブルーライトに関する意識調査を実施した。

ブルーライトの同時間における照射量、7割以上が「スマホ・パソコン>太陽光」と誤解

20代以上の全国男女400名に、ブルーライトから連想するものについて聞いたところ、89.3%が「スマホ・パソコンなどのデジタル機器」と回答。

次いで「テレビ」(23.0%)、「LEDライト」(15.5%)と続くが、圧倒的に「スマホ・パソコン」を連想する人が多いことが分かった。また、「太陽光」を連想した人はわずか3.8%となり、大多数はブルーライトと太陽光が結びついてないことが判明。

ブルーライトはスマホ・パソコンからも発せられているが、照射強度が格段に高いのは太陽光だ。

しかし、今回の調査では、ブルーライトの同時間における照射量について、「太陽光」より「スマホ・パソコン」の方が多いと回答した割合は73.8%に上り、多くの人がブルーライトの照射強度を「スマホ・パソコン>太陽光」と誤解していることが分かった。

続いて、ブルーライトによる影響が最も大きいと思うものを聞いたところ、89.0%が「スマホ・パソコンなどのデジタル機器」と回答し、「太陽光」と回答した人はわずか2.8%のみという結果に。

このことから、発せられるブルーライトの強度が、スマホ・パソコンより太陽光の方が高いことを知らない人が多く、ブルーライトに対する正しい理解が進んでいないことが浮き彫りになった。

太陽光による肌への影響は約9割が理解しているが、ブルーライトの肌への影響はわずか1割程度

ブルーライトの影響として連想するものは、「視力」(73.3%)が最も多く、次いで「眼精疲労」(73.0%)、「ドライアイ」(40.0%)の順となり、“目への影響”を連想する人が多いことが分かった。

一方、「肌の老化」「肌のしみ」といった“肌への影響”について連想する人は1割程度にとどまり、ブルーライトが肌の光老化促進の原因となることがほとんど知られていない状況にあるようだ。

次に太陽光による肌への影響については、91.1%が「あると思う(とてもあると思う+まああると思う)」と回答し、広く認知されていた。

しかし、太陽光による肌への影響が「ある」と回答した人のうち、ブルーライトによる肌への影響(肌の老化・肌のしみ)を連想する人は1割程度にとどまった。太陽光の中にブルーライトが含まれていることがほとんど認知されていない状況にあるようだ。

ブルーライトの対策については、半数以上(54.0%)が「特にケアしていない」と回答。何かしらの影響があることを理解しつつも、実際にケアしている人は多くないことが判明。

また、ケアの内容を見ると、「ブルーライトカットメガネの使用」(27.3%)、「長時間スマホ・パソコンを使用しないようにする」(16.0%)といった“目のケア”を行っている人は一定数いるが、「ブルーライト対策のための肌ケア」を行っている人はわずか2.3%のみであった。

また、「長時間太陽光に当たらないようにする」という回答も14.0%にとどまり、ブルーライト対策としての肌ケアが浸透していない実態が明らかに。

日差しが強い夏の時期には、日焼け止めなど「UVカット対策」をしている人も多いと思うが、「紫外線」と「ブルーライト」では光の波長が異なるため、一般的なUVカット剤ではブルーライトは十分に防げない。

また長時間浴び続けると肌の光老化につながり、しみ・しわの原因になる。肌のケアとしてもブルーライト対策を日頃から心掛けよう。

調査概要
実施時期:2022年11月5日(土)~6日(日) 
調査方法:インターネット調査  
調査対象:全国20歳以上の男女400人
※図表の構成比(%)は小数点第 2 位以下を四捨五入しているため、合計が必ずしも100%にならない場合がある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。