小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

炊飯器の早炊きモードを使うとどれくらいでごはんが炊けるのか?

2023.04.05PR

急いで家族のご飯を準備する必要に迫られたり、仕事から疲れて帰り早めに用意をしたい時に便利な炊飯器の〝早炊きモード〟。実際どのぐらいの時間でご飯が炊けるのか、なぜ早く炊くことができるのかを知っていますか?

また、どのようにして早く炊いているのかを知れば、今よりも美味しくお米を炊けるかもしれませんよ。

時間がない時に便利な炊飯器の〝早炊き〟機能

早炊き機能とはご飯が短時間で炊ける機能のことです。メーカーによって名称は異なっていて、「高速」「特急」「急速」「うま早」「お急ぎ」などがあります。

炊飯器の〝早炊き〟は通常モードと比べて時間はどのぐらい変わる?

お米の量にもよりますが、炊きあがりまでの時間は約20~40分のものが多いです。通常モードだと、50~60分ぐらいが一般的なので、早炊き機能では半分程度の時間で炊けることがわかります。

炊飯器の〝通常モード〟と〝早炊き〟でご飯を炊く工程に違いはある?

炊飯器でご飯を炊く時、大きく分けて4つの工程があります。

1.水の温度を上げて米に水を吸収させる
2.水の温度をさらに上げて沸騰させる
3.沸騰を持続させてご飯を炊く
4.炊きあがったご飯を蒸らす

普通のモードで炊いた場合、50~60分ほどかけて4つの工程を行います。

早炊きモードでは、上記の工程のうち、お米に水を吸収させる時間と、炊きあがったお米を蒸らす時間を主に短縮しています。

炊飯器の通常モードと早炊きでお米の食感が変わる?

早炊きモードでお米を炊く場合、お米が水を吸う時間が短くなるので、ややかために仕上がることが多いようです。また、蒸らし時間が短いことで、表面に水分が残りやすくご飯がベチャっと水っぽく感じることも。なので、普通モードと早炊きモードでは炊きあがりの食感が少し異なる場合があります。

電気代は変わる?

早炊きモードで短縮している浸水と蒸らしの工程では、そもそも大きな電力は使われていないことが一般的。なので、早炊きモードは炊飯時間が短い分、電気代が安そうなイメージがありますが、通常モードとそこまで電気代は変わりません。

また、短時間でご飯を炊くために急激に温度を上げるモデルもあります。この場合、通常モードよりも電気代が高くなる可能性もあります。もし電気代が気になる人は、省エネ機能が搭載された炊飯器を選ぶと良いでしょう。

早炊きモードで美味しく炊くコツ!

先ほど説明したように、早炊きモードだと浸水の過程が短縮され、ご飯がかために仕上がる傾向があります。なので、米を洗ったあとは炊飯器にセットする前に、少しでも浸水させる時間を設けると良いでしょう。浸水させる時間は、大体15分程が目安。15分ほど浸水させても、合計時間は普通炊きよりも多少短くなるでしょう。

【参考】タイガー 炊飯器の早炊き機能はどれくらい早い?早炊きと普通炊きの違い

早炊きモードでも美味しいご飯が食べたい! そんな人におすすめの炊飯器

早炊きモードを行う前のひと手間で美味しいご飯が炊けます。ですが、これから炊飯器を買い替える予定の人なら、早炊きモードでも美味しいお米が食べられるモデルを検討するのも良いでしょう。

最短約15分でご飯が炊ける! 早炊きモードでも美味しいおすすめ炊飯器「圧力IHジャー炊飯器〈炊きたて〉 ご泡火炊き JPI-S100/S180」

タイガー「圧力IHジャー炊飯器〈炊きたて〉 ご泡火炊き JPI-S100/S180」5万7200円(編集部調べ)

「圧力IHジャー炊飯器〈炊きたて〉 ご泡火炊き JPI-S100/S180」には、お茶碗1杯(0.5合)が最短約15分、1合が約17分で炊飯可能な「少量高速」メニューを搭載。吸水・昇温・蒸らしの各工程でお米にしっかりと効率よく熱を伝えることで、少量高速炊飯を実現しています。

炊飯だけではなく調理にも対応している炊飯器は、使った後のニオイが気になることも。そこで、内なべに水を入れて「圧力洗浄コース」を使えば、高温の水蒸気で内なべを洗浄してくれます。

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

【参考】タイガー「圧力IHジャー炊飯器〈炊きたて〉 ご泡火炊き JPI-S100/S180」

高温スチームで美味しいご飯に。早炊きモードでも美味しいおすすめ炊飯器「スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 SR-VSX1シリーズ」

パナソニック「スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 SR-VSX1シリーズ」 8万8110円

蒸らし工程で220℃の高温スチームを噴射することで、スチーム高速モードの炊飯でも、中までふっくらとした美味しいご飯に。24分~と短い時間でも、お米の中心の粘りが従来品に比べて約15%もアップしています。

また、通常だと約85分~かかる「玄米ごはんコース」のほかに、約65分~で炊きあがる「玄米高速コース」も搭載。普段から玄米をよく食べるという人にもおすすめです。

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

【参考】パナソニック「スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 SR-VSX1シリーズ」

※データは2023年3月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/山田ナナ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。