小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ミニマリストの必需品!仕事のペーパーレス化を実現する軽くてスリムなE Inkタブレット4選

2023.05.10

ビジネスシーンで加速するペーパーレス化。ペーパーロジック社の調査結果によれば、東京に本社を置く企業のうち62.5%が2023年度において「ペーパーレス化システム導入のための予算配分」を予定しているとか。そんなビジネスシーンで活用したいE Ink搭載のタブレットを厳選した。

もはや常識!ビジネスシーンで加速するペーパーレス化

テックライター  太田百合子さん
電子ペン、スマホに取り込めるメモ帳や手帳、電子ペーパー、ペンタブレットなど、アナログ×デジタルなガジェットを多数所有する。

太田 電子帳簿保存法などの関係で、ビジネスシーンでペーパーレスの機運が高まっています。

タジリ 電子印鑑やクラウドでサインをする仕組みも整ってきました。例えば、アドビが展開している「Acrobat Sign」はマイクロソフトが推奨する電子サインソリューションで、WordやExcelなどのアプリとスムーズに連携しますし。そういった事情なども考慮して、紙のノートをやめてペーパーレスにしようとした場合、例えば『iPad』と『Apple Pencil』だと、最低でも6万5000円は必要……。

太田 それなら6万円以下で買えるE Ink搭載タブレットがいいですよ。『iPad』のように動画を見たり、ゲームをしたりとマルチには使えないものの、その分、読み書きに集中できることから、ビジネスユーザーに人気です。

タジリ 書き心地が紙に近いので、アイデアを整理する時など、手書きしたいシーンでノートとして使うのには最適ですよね。ノートだけでなく、ビジネス書籍や資料をデータとして一緒にまとめて持ち歩けるのもいいかも。

太田 小型スキャナーを携行し、名刺やパンフレットをどこでもデータ化できる環境を整えるのもあり。ペーパーレス化の加速で、E Ink搭載タブレットは、ますます人気が出そうです。

E Ink搭載タブレット

バッグからサッと取り出せる450g以下の軽量モデル

E Ink搭載タブレット

書き味は紙みたいにやわらか!

450g以下の軽量モデル

テキストデータに変換できる!

450g以下の軽量モデル

PDFへの転記もできる!

450g以下の軽量モデル

ペンで書いて覚える、考える、整理するといったことをデジタル化できるE Ink端末は、何よりも書き心地が秀逸。適度に筆記の摩擦があり、鉛筆やペンで紙に書いているような感覚だ。書いた内容をテキストデータに変換したり、取り込んだPDFに文字を書き加えたりできるので、様々な仕事で重宝する。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。