小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大ヒット確定!?サイズ感がちょうどいいマセラティのミドルサイズSUV「グレカーレGT」

2023.04.03

 ポルシェ「カイエン」から始まったスーパーSUVは、その後、ベントレー、ランボルギーニ、アストンマーティン、フェラーリなど、各国のスーパースポーツメーカーを巻き込み、次々と新型車が送り出された。もちろん、その中にマセラティもいた。このスーパーSUVの流れの第2弾としてミドルクラスのスーパーSUVが続々と登場。トップバッターはポルシェで「マカン」を投入した。ポルシェの場合、VWグループのメンバーでもあるので、ミドルクラスのSUVを造りやすい環境にあった。他のメーカーもその流れに乗りたかったが、ベースとなるシャーシを開発するには時間もお金もかかる、ということで、すぐに実現することは難しかった。

「グレカーレ」はマセラティが2022年春に発表したミドルクラスのスーパーSUV。予約の受付を開始してから約半年が経ち、2023年春にようやくデリバリーが始まった。ボディーサイズは全長4846mm、全幅1948mm、全高1670mm、ホイールベース2901mm。同社のSUV「レヴァンテ」と比べると全長で174mm、全幅で137mm、全高で10mm、ホイールベースで104mmも小さい。マセラティは、コンパクトSUVと称しているが、国産車で比較すると、全長、全幅は日産「エクストレイル」とほぼ同じ。やはりミドルクラスカテゴリーのSUVだ。

 パワーユニットは、直列4気筒2.0ℓのガソリンターボ。プラス48Vのマイルドハイブリッドを搭載した300PSの「GT」と、330PSの「モデナ」、さらにV6、3.0ℓ、530PSの「トロフェオ」がラインアップしている。今回の試乗車は、入門モデルの「GT」。車両本体価格896万円。シリーズで唯一の1000万円以下のモデルでもある。

個性豊かなドライビングモード

 左ハンドルの運転席に座り、コックピットドリル。小径、やや細身のハンドルはスポーク部にスターター・ストップのボタンと、ドライブモード切り替えダイヤルを配している。ドライブモードはスポーツ/GT/コンフォート/オフロードの4モード。さらにダンパー切り替えボタンも設定。これは車高を変えるためで、ノーマル/エアロ1。

 新しいのは、8速ATのシフトモード選択。センターパネル中央にP、R、N、D/Mの4つのプッシュスイッチが横一列に並んでいる。パドルレバーも備わっている。これが長くて、操作しやすいのだが、ウインカーレバーの近くなので、街中などではややじゃまに感じる。やや低めのドライビングポジションでスタートする。Dレンジでのスタートは低回転域でマイルドハイブリッド効果もあり、ターボの段つきも抑えられ、軽快感がある。

 GTモードでは1500回転あたりからアクセルレスポンスも俊敏になり、小気味よい加速を楽しむことができる。乗り心地は「GT」モードで細かいゴツゴツとした動きが伝わってくる。「コンフォート」モードでもソリッドな硬さだ。「スポーツ」モードでは上下動がキツくなる。街中では「コンフォート」モードで走った。

 60km/h走行はDレンジ、6速で1300回転。中間加速が盛り上がる寸前なので、軽快な動きが楽しめる。高速走行では100km/hの巡航が8速1500rpm、7速1900rpm、6速2300rpmなので、どのギアからでもトルクフルな加速を楽しめる。加速性能も0→100km/hはGTモードで、6秒台前半。カタログ値の5.6秒には及ばないが、十分に速いタイムが出せる。高速道路での乗り心地は「コンフォート」ではうねりに対してやや上下動が大きめ。「GT」になると上下動の収縮が短くなる。「スポーツ」は硬めのまま、巡航できる。

 試乗車はBSの「ポテンザスポーツ」で255/45R20(前)、295/40R20(後)を装着していた。駆動は前後輪への4輪駆動。試乗車はオプションのドライバーアシスタンスパッケージLevel 2 Plus(64万円)やコンフォートハンドリングパッケージ(35万円)などが装備されていた。

街中もストレスなく走れるサイズ感

 試乗して感じたのは、このサイズになると街中でも運転をしていて、かなり楽だということ。駐車もしやすい。「レヴァンテ」クラスになると、街中ではちょっと大きい。室内は前席の圧迫感はない。後席に移っても着座位置が低く、頭上のスペースも十分。オプションのパノラミックサンルーフ(23万円)も室内を明るくしていた。後席の座面は左右2名分のくぼみがあり、快適定員は2名。足元も十分な広さが確保されていた。

 後席は4/2/4の分割可倒式。前倒しできる。そのときの床面はややナナメ。後席をおこした状態でのラゲッジスペースは奥行き、左右幅ともに1m以上あり、広い。サブトランクは小さいが、メイン部分の荷室の広さは十分に実用的だ。

 スーパーSUVもこのマセラティ「グレカーレ」に続いて、アルファ ロメオも新型車「トナーレ」を投入する。いよいよミドルサイズの時代が幕を開けた。ポルシェ「マカン」がヒットしたように「グレカーレ」も新しい顧客を獲得するのは間違いなさそうだ。

■関連情報
https://www.maserati.com/jp/ja/models/grecale

文/石川真禧照(モータージャーナリスト) 撮影/藤岡雅樹

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。