小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

すきま産業のスタートアップがユニコーン企業に!ASEANの雄インドネシアから続々と有望企業が生まれる理由

2023.04.03

インドネシアは、パンデミック前から「有望スタートアップ出現地帯」である。

しかもそれらは、今の今まで誰も注目していなかったような「隙間」から発生したりする。

たとえば今、筆者は静岡県静岡市葵区にある青葉公園を見つめている。ここは静岡市役所の裏側にある細長い敷地で、Uber Eatsの配達員がベンチに座ってオーダーを待っている。

もしもここに、キヨスクが1軒あればどうだろうか?

インドネシアでは、そうした「配達員向けキヨスク」が急拡大している。

バイクタクシーの待機所『Warung Pintar』

Warung Pintar HPより

筆者がインドネシアの首都ジャカルタで『Warung Pintar』の取材を初めて行ったのは、確か2017年だったはずだ。その頃のWarung Pintarは、まだジャカルタ市内に数店舗しかなかった。

当時の筆者は@DIMEとはまったく別の、インドネシアの経済情報を日本人駐在員向けに発信するメディアでそのような記事を担当していた。知り合いにWarung Pintarとやらの話を聞き、中央ジャカルタにある店舗に行ってみたという次第だ。

工場で量産された、まるで箱のような店舗。いや、これは屋台と言うべきか。イエローのカラーリングがやたらと目につくが、それ以外は至って普通の「ワルン」である。

インドネシアの実体経済を支えるのはワルンだ。キヨスクと軽食店を兼ねた具合の店舗で、とりあえずここに来ればパンとコーラとタバコくらいなら手に入る。コンビニよりも遥かに小さいが、かゆいところに手が届く店でもある。

Warung Pintarは、一言で言えば「現代型ワルン」だ。

Wi-Fiと充電器、コンセント差込口を完備してオーダー待ちのバイクタクシーの需要に応える。現代のインドネシアではバイクタクシーもスマホで手配できるようになったのだが、彼らは仕事が来るまでの「待機所」を常に求めている。ワルンはうってつけの場所だ。

もちろん、オーダーを待っている間のスマホはオンライン状態でなければならないし、電池を切らせるわけにもいかない。しかし昔ながらのワルンにそのようなものがあるとは限らない。

以上の理由から、Warung Pintarはバイクタクシーに重宝されるようになった。今やインドネシア全国に50万以上の店舗を構えている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。