小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

JR武蔵野線の家賃相場が安い駅ランキング、2位新八柱・西浦和・東所沢、1位は?

2023.04.02

東京都心部から放射状に延びるJR各線や私鉄各線との乗換駅を環状に結ぶ「JR武蔵野線」。

大型ショッピングセンターがある越谷レイクタウン駅、東京ディズニーリゾートでお馴染みの舞浜駅、千葉県屈指のターミナル駅として知られる西船橋駅など、個性豊かな駅が並ぶ同路線において、「家賃相場が安い駅」というと、いったいどこになるのだろうか?

情報サイト「LIFULL HOME’S PRESS」はこのほど、「JR武蔵野線 家賃相場が安い駅ランキング2023」を発表した。

ターミナル駅の近隣駅が上位に! 1位「市川大野」、2位「東所沢」「西浦和」「新八柱」

1位は「市川大野(千葉県)」、2位は同着で「東所沢(埼玉県)」「西浦和(埼玉県)」「新八柱(千葉県)」と、千葉県と埼玉県の駅が上位にランクインする結果となった。

1位「市川大野(千葉県)」…「東京」まで37分、「舞浜」まで約22分と、通勤通学、レジャーにも便利な街

1位には、都心への交通利便性に優れながら、駅周辺は住宅街が広がり、家賃が比較的安い、千葉県の「市川大野」がランクイン。「東京」まで乗り換えなしの約37分で行けるほか、千葉県屈指のターミナル駅である「西船橋」まで約8分、京成電鉄成田空港線が利用できる「東松戸」まで約2分と、近隣の駅を上手に活用すれば行動範囲が広がる。

また、東京ディズニーリゾートのある「舞浜」まで約22分、車があれば「ショッピングプラザ鎌ヶ谷」や「イオンモール船橋」へも約20分で行けるなど、休日のレジャーや買い物にも便利なエリアだ。

さらに、「市川大野」のある千葉県市川市は、古くから文教地区としても知られており、住民の口コミでは「ファミリーが多い」「閑静な住宅街がある」といった声が多く寄せられている。

2位「東所沢(埼玉県)」…ポップカルチャーの発信拠点として話題の街

住宅街のイメージが強い駅だが、2022年に国内最大級のポップカルチャー発信拠点「ところざわサクラタウン」がオープンしたことで注目を集めている。それに伴い駅舎もポップなデザインにリニューアルされ、にぎわいが生まれている。

「池袋」まで乗り換え1回で約36分、「東京」まで約59分かかりるが、朝の時間帯には始発があるため座って通勤も可能だ。川越街道や所沢ICにも近く、車の利便性も高い街といえるだろう。

同2位「西浦和(埼玉県)」…公園が豊富、ファミリーが日本一集まるさいたま市の街のひとつ

「西浦和」のあるさいたま市は、0~14歳の転入超過者数が8年連続日本で一番多い街だ。住民の口コミでも「ファミリーが多い」「都会的だが公園もあり、買い物なども便利」といった声があり、子育て世帯に優しい地域といえるだろう。

通勤通学の交通アクセスは、隣の「武蔵浦和」で乗り換えれば「池袋」まで約33分、「大宮」まで約17分。駅前の商業施設が豊富とはいえないが、「大宮」や「浦和」周辺の再開発に続くように、2022年には「西浦和駅周辺まちづくり方針」が公開された。まだ計画段階だが、駅前環境の整備も少しずつ進んでいくことが期待される。

同2位「新八柱(千葉県)」…2路線利用でき、子育て環境や駅周辺の商業・文化施設も充実

隣接する新京成電鉄の「八柱」も利用可能でき、「東京」までは約46分、「上野」まで約41分と、都心への通勤通学に不便のないエリアといえる。

「新八柱」のある松戸市は「SDGs未来都市」に選ばれており、待機児童ゼロを7年連続で達成するなど、子育て施策にも力を入れている。駅周辺には⽂化ホールもある広い都市公園「21世紀の森と広場」があり、ファミリーにうれしいスポットが点在している。住民の口コミでも「買い物のしやすさ」「運動に適した公園や道がある」といった声が挙げられている。

13位の「南越谷(埼玉県)」をはじめ、これから開発が進む街にも注目

おしくもTOP10には入らなかったものの注目したいのが、13位にランクインした「南越谷」だ。駅前にはショッピングモール「新越谷VARIE」や「イオン南越谷店」など便利な商業施設が複数あり、また隣駅の「越谷レイクタウン」には一日中楽しめる日本最大規模のイオンモールがあり、休日が充実しやすいエリアだ。

隣接する東武スカイツリーラインの「新越谷」も利用できるほか、駅前の商業施設「越谷サンシティ」でも大規模な建替え計画が進むなど、街の利便性を考えると割安な家賃といえるだろう。

ほかにも武蔵野線沿線では、さいたま市の副都心として位置づけられる「武蔵浦和」の駅前再開発や、「新八柱」と「新松戸」の間に新駅建設が検討されるなど、さらなる各駅の活性化が見込まれる。準近郊・郊外暮らしへの関心が高まるなか、ファミリーが暮らす街として注目したい沿線の一つだ。

<調査概要>
対象駅:JR武蔵野線の各駅(LIFULL HOME’Sの掲載物件数10件以上)
対象物件:築40年以内、駅徒歩15分以内、専有面積15㎡以上100㎡未満の賃貸物件
対象期間:2022年11月~2023年1月

出典元:株式会社LIFULL

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。