小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Dentsu Lab Tokyoが〝自分で自分を抱きしめる〟未知の体験を実現するプロジェクト「Hugtics」を発表

2023.03.29

Dentsu Lab Tokyoは、3月12日~15日に米テキサス州で開催された世界最大級のテクノロジーと音楽・映画の祭典「SXSW 2023」にて、ベスト型ハグ体験テクノロジーを用いたプロジェクト「Hugtics(ハグティクス)」を出展した。

「Hugtics」は、“ハグ”による幸福感や自己肯定感を高める新しいメンタルヘルスを目指したプロジェクト。本プロジェクトの初披露の場となった「SXSW 2023」では、“自分で自分を抱きしめる”新しいハグ体験や他者のハグを転送する体験型デモンストレーションを実施した。

ハグは、脳の中で分泌されるオキシトシンというホルモンが分泌され、人と人との信頼や愛着を強めたり、ストレスを低減させたりする効果があり、幸福感が増すとされている。

Dentsu Lab Tokyoでは、ハグをテクノロジーによって時間、距離、概念までを越えた新しいハグに進化させ、幸福の総量を生み出したいと考え、まず、はじめに自分で自分を抱きしめる新しいハグ体験から挑戦をはじめたという。

この「Hugtics」の体験を実現するにあたり、研究者の髙橋宣裕氏とコラボレーションしている。

コア技術となるのは、人工筋肉が編み込まれたウェア型デバイスで、このウェアを着ながら圧力センサーを付けたトルソーを抱きしめ、ハグのデータを計測し、人工筋肉にフィードバックすることで、自分で自分を抱きしめるという未知の体験を実現する。

さらに、電通サイエンスジャムの「感性アナライザ」を用いて脳波をセンシングし、ハグ時の幸福度に関連する複数の感情変化を計測。その効果を独自のアルゴリズムで可視化し、ベスト型ウェアに内蔵したLEDの色に反映し直感的に効果がわかる仕様となっている。

また、ベストと人工筋肉をセットにすることで人工筋肉をより面での圧力に変え、ハグの感覚に近づけたとのこと。Dentsu Lab Tokyoでは、実際に自分自身をハグすることは難しいなか、テクノロジーの力でそれを実現させ、今後、ハグのデータで医療、孤独対策、メタバースなど、様々な分野の課題に挑戦し、アップデートしていくとしている。

なお、「Hugtics」を出展した電通ブースの今年のコンセプトは「Unnamed Sensations(まだ名もなき新しい感覚)」で、「触覚」「食感」「嗅覚」という3つの感覚の拡張がテーマでの出展のなか、ハグに関する触覚を提示する「Hugtics」のブースには、3日間で約500人が来場し、大盛況に終わったとのこと。

体験した人からは、「孤児の子どもたちに、ハグを届けてあげたい」「国を超えたリモートでのハグの可能性を感じる」「いつの間にか亡くなった父とのハグを思い出して幸せな気持ちになった」「この技術で、お母さんのハグを記録に残しておきたいと思いました」「ハグをされている気持ちだったのが、徐々にハグを与える気持ちに変わり、より幸せを感じました」といった意見や感想がよせられたという。

関連情報
https://motiondatalab.com/hugtics/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。