小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界経済を牽引するビッグテックは「GAFA」から「MATANA」へ

2023.03.27

MATANAとは?

 加速度的にデジタル化が進む世界で活躍するハイテク企業のトップランナーが変わりつつある。4大テック企業として「GAFA」がそこに君臨していたが、2023年以降は「MATANA」の時代となりそうだ。MATANAとは米シリコンバレーのテック企業をリサーチするコンステレーション・リサーチ創業者のレイ・ワン氏が生み出した造語であり、左図の6社の頭文字をとっている。これらの企業が今後の世界経済を牽引するビッグテック企業という見方だ。

 米国のマクロ経済に詳しいソニーフィナンシャルグループのシニアエコノミスト・渡辺浩志さんがこう解説する。

「いずれも高い成長が期待できるばかりでなく、DXや人工知能といった旬な経済テーマとの関連も深く、投資家も関心を寄せている企業です。

 例えば、テスラはクルマに『移動を楽しむ空間』として新たな価値を提供してくれますし、半導体メーカーであるエヌビディアは、AI関連では欠かせないGPU(※)で高いシェアを誇っており市場を牽引すると期待されています。株式時価総額は売上高で同社に勝るインテルを上回っています」

 スマホ・PCと、それらで利用するアプリ・サービスはもはや〝生活必需品”。歴史や規模にかかわらず、社会課題を解決するソフト・ハードを提供できる企業に期待が集まる。

テスラとNVIDIAが加わりFacebookが抜けた新生ビッグテックの〝頭文字〟

MATANA

「GAFAからFacebookが外れたのは、同社が掲げる〝メタバース〟への投資の勝算や市場の成長に、投資家たちが懐疑的になっているからかもしれません」(渡辺さん)

半導体市場は上昇と減衰を繰り返しながら成長を続ける

半導体市場(注)2022年および2023年は予測値。(出所)WSTS、CEICをもとにジェトロ作成。

ハイテク企業に欠かせない半導体の需要は右肩上がりだ。「需要は2年間で上下しておりしばらく低迷しそうですが、今年末には復調が見えてくるでしょう」(渡辺さん)

※Graphics Processing Unitの略。画像や映像処理を担うPCのパーツ。

取材・文/久我吉史

 

DIME4月号の特集は「最強のスタートアップ100」「後悔しないお金の使い方と増やし方」、特別付録は自転車&バイク用スマホホルダー

日本におけるスタートアップが変革期を迎えつつある。メルカリ、ビズリーチ、ラクスル、BASEなど、急成長を遂げたこれらの企業に続くのはどこか。投資を目的に、協業を念頭に、転職先探しに、各分野で注目される企業など最前線を紹介する。また、住宅ローン、新NISA、生前贈与、デジタル賃金、インボイス制度、知らないと損するマネーの新常識をわかりやすく解説しています。

【Amazonで買う】

【セブンネットショッピングで買う】

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。