小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【最新ビジネス図解】オフィス賃料の敷金をゼロにしてスタートアップを支援する日商保の新保証ビジネス

2023.03.25

「オフィス賃貸の敷金」というニッチな課題に取り組んできたのが、2011年創業の日商保。「敷金フリー(ゼロ円)のオフィス」をいかにして実現するのか? 独自のビジネスモデルをチェックしよう。

推定5兆円におよぶオフィス敷金のうち、1割=5000億円を保証に代えるのが同社のビジョン。急増しているとはいえ、日本のスタートアップ投資額が1兆円に満たないなかで、敷金の成長資金化は大きなインパクトになり得る。

いっぽう、コロナ禍を経て変化したオフィスへのニーズは、どのように影響するか?

「成長を目指すスタートアップは、リアルなコミュニケーションを重視している。ただし、オフィスの使い方は、毎日決まった席に全員が着くような以前のようなものではなく、フリーアドレスで週に何度か社員が集まるなど、求められる機能は変わっている。

会社としては社員分の広さを用意するだけでなく、内装などを含め来たくなるような環境を整えなければならない」と同社は指摘する。

数字を見れば、2019年に1%台だった都心のオフィス空室率は、2022年末で6%超。コロナ禍以前は超過気味だった需要が落ち着いたのは確かだが、空室の余裕ができて、企業が新たに入居しやすい環境になったとも言える。一定の流動性がある状態は、保証ビジネスには追い風だ。

さらに、都内では新規オフィスビルの竣工が相次いでおり、2023年には供給過多になる見込み。競争を迫られたビルオーナーにとって、「敷金フリー」は有効な選択肢。

入居企業側、オーナー側ともに、コロナ禍以前よりも、オフィスそのものへの関心は高まっている。同社はこの機に、敷金の商慣習を変え、将来性のあるスタートアップを応援する機運を盛り上げていく。

日商保
敷金を成長資金に。プロジェクト」

取材・文/ソルバ!
人や企業の課題解決ストーリーを図解、インフォグラフィックで、わかりやすく伝えるプロジェクト。ビジネスの大小にかかわらず、仕事脳を刺激するビジネスアイデアをお届けします。 
https://solver-story.com/

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。