小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

学歴詐称、街中で痰や唾を吐く、行列に割り込む、軽犯罪法違反に該当する犯罪行為6選

2023.03.26

「軽犯罪法」では、日常的に見かける行為から意外な行為まで、さまざまな行為が犯罪として定められています。今回は、軽犯罪法違反に当たる行為を数点ピックアップしてまとめました。

1. 軽犯罪法とは

軽犯罪法とは、公の秩序を乱す行為や、他人の権利・利益を侵害する行為のうち、比較的軽微なものを罰するための法律です。

軽犯罪法違反に当たる行為の法定刑は「拘留または科料」とされています(同法1条)。

拘留:1日以上30日未満の期間、刑事施設に拘置する刑罰
科料:1000円以上1万円未満の金銭の納付を命ずる刑罰

2. 日常的に見かける軽犯罪法違反の例

一例として、以下の行為は日常的に見かけることがありますが、それぞれ軽犯罪法違反に該当します。

・威勢を示して行列に割り込む行為
・街中で痰や唾を吐く行為

2-1. 威勢を示して行列に割り込む行為

威勢を示して公共の乗り物・演劇などの催しのチケット購入列に割り込み、またはその列を乱す行為は、軽犯罪法違反に当たります(同法1条13号後段)。

ただし「威勢を示す」ことが要件とされているため、素知らぬ顔で行列に割り込んで何も言われなかった場合は、軽犯罪法違反に当たりません。

2-2. 街中で痰や唾を吐く行為

街路・公園その他公衆の集合する場所で、痰(たん)や唾(つば)を吐く行為は軽犯罪法違反に当たります(同法1条26号)。

公衆衛生や公衆道徳の観点から、軽微ではあるものの犯罪とされています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。