小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コアなお笑いファンの心をつかむ「地下芸人」の魅力

2023.03.27

国民的賞レースの影響でお笑いのニーズが多様化

 2019年頃から〝お笑い第7世代〟と呼ばれる芸人が一気に台頭した。これにより、テレビのお笑い番組が増加。今なお芸人にスポットが当たる機会は増えている。だが現在、その中心にいるのは、非お笑い第7世代の芸人たちだ。

 インディーズライブを中心に活動する〝地下芸人〟、2010年代後半~2020年代初頭に松竹芸能から移籍した芸人〝脱竹〟など、近年は様々なキーワードが飛び交っている。一方で、お笑い業界の新陳代謝が加速していると感じる読者は少ないはずだ。一番の理由は『M-1グランプリ』『キングオブコント』といった、全国放送される賞レースが風物詩化したことだろう。ニホンモニターがテレビ番組出演者データをもとに集計した近年の「ブレイクタレント」を見ると、ランキング上位に名を連ねるのは、モグライダー、錦鯉、お見送り芸人しんいちといった、賞レースで爪痕を残した芸人たちだ。

 全国放送される賞レースが国民的番組になったことで、お笑いは語れる文化へと昇華。市民権を得たことで、個性的な笑いを求める土壌も生まれつつある。

フリー芸人発のシン・勢力
地下芸人

地下芸人とは、インディーズライブを中心に活躍する芸人のこと。マヂカルラブリーが『M-1グランプリ2020』で優勝したことで、一躍注目を集めた。アルコ&ピースの2人、ランジャタイなど、地下芸人出身を公言している人気芸人も多数。大衆ウケしにくい尖ったネタを披露することが多く、コアなお笑いファンを持つ。

虹の黄昏

虹の黄昏

テレビでは使えないネタもおもしろい〝地下の帝王〟

「2005年に活動を開始した『虹の黄昏』は〝地下の帝王〟とも呼ばれるフリー芸人です。破天荒なパフォーマンスは、ライブ会場を確実に盛り上げますし、『キングオブコント2022』では準々決勝へ進出するなど実績もあります。テレビで使えないネタも多いですが、個人的にブレークしてほしい芸人コンビです」

取材・文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。