小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

小中学生のスマホ利用料金はコロナ前と比べて「3000円未満」が増加

2023.03.19

昨今、子どものスマホ利用率は年々増加し、また、所有開始年齢も低年齢化傾向にあると言われる。

こうした中で、子どものスマホ利用料金はいくらがスタンダードなのだろうか?

NTTドコモ モバイル社会研究所はこのほど、「子どものスマホ利用に関する調査」を実施し、その結果を発表した。

子どものスマホの利用料金3000円未満が増加

2022年に実施した「子どものケータイ利用に関する調査」によると、小学生・中学生のスマホ利用料金は、2019年に比べ3000円未満が増加傾向にあり、特に中学生では、2019年には約6割だった3000円以上は約4割と減少した。

また、小学生は3000円未満が約9割、3000以上は約1割と、中学生より安い傾向となっていた。

図1. 子どものスマホ利用料金

出所:2019~2022年  子どものケータイ利用に関する調査
母数:スマホ利用者
※サンプルサイズ50以下は参考値

中学生の利用料金に対する保護者の意識は 「高い」が減少し、「安い」「普通」が約8割に

子どもの利用料金対する保護者の意識は、中学生では「高いと思う」が2019年の41%から24%と17ポイント減少、「安いと思う」「普通だと思う」があわせて76%となった。

小学生は「安いと思う」と「普通だと思う」があわせて86%で、中学生の76%に比べると10ポイント高くなっていた。

図2. 子どものスマホ利用料金対する意識(保護者)

出所:2019~2022年 子どものケータイ利用に関する調査
母数:スマホ利用者
※サンプルサイズ50以下は参考値

<調査概要 ―「子どものケータイ利用に関する調査」―>
調査方法:訪問留置調査
調査対象:関東1都6県・小学生及び中学生とその親
有効回答数:500
サンプリング:QUOTA SAMPLING、性別・年齢(5歳刻み)・都道府県の人口分布に比例して割付。
調査時期:2022年11月

出典元:NTTドコモ モバイル社会研究所

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。