小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

共働き夫婦に聞いた「夕食」の悩み、3位料理する時間がない、2位献立を考えるのが大変、1位は?

2023.03.17

共働き家庭の中には、配偶者と夕食の準備を分担しているという人も多いことだろう。

しかし、完全に平等ではなく、どちらかというと、相手に比重が偏ってしまっている…と、日々申し訳なさを覚えている人も少なくないのではないだろうか?

ナイルが運営する「かんたん宅食ガイドラクタさん」はこのほど、既婚・就業者の20代~50代男女1,754人を対象に、「仕事のある日の夕食事情」に関する実態調査を実施し、その結果を発表した。

夕食は「妻が作る」が最多、夫婦ともに作るのは2割弱

夫婦共働きと回答した1,443人に、「ご夫婦ともに仕事のある日の夕食はどのように用意していますか?(複数回答可)」と尋ねたところ、最も多かったのは「妻が作る」。80%以上の世帯で妻が夕食を作っており、「夫が作る」は「妻が作る」の1/3以下だった。

「妻が作る」「夫が作る」両方を選択した人は263人。夫婦ともに夕食を作ることがあるのは、全体の18%だった。

40~50代は妻が作る世帯が多い30代はテイクアウト、デリバリーに頼る割合が増える

年代別に回答の割合を見てみると、40~50代のほうが20~30代よりも「妻が作る」と回答した人の割合が大きいことがわかる。

また、30代は「冷凍食品・レトルト」「テイクアウト」「デリバリー」「宅配弁当」の割合が他年代よりも大きく、自分たちの手間を減らす手法を選択する傾向にある。

子どもがいない世帯のほうが夫が作る割合が大きい

共働きと回答した人のうち、同居する子どもがいる人が1,043人、同居する子どもがいない人が400人。それぞれの回答の割合をみると、子どもがいない世帯のほうが、「妻が作る」の割合が小さく、「夫が作る」の割合が大きくなっている。また、子どもがいない世帯は「外食」の割合が大きいのも特徴だ。

一方で、子どもがいる世帯では「夫・妻以外が作る」の割合が大きくなっている。子どもがいる家庭では、夫婦以外の家族などに協力してもらうケースが増えるようだ。

夕食の悩みは、「気力がわかない」「献立を考えるのが大変」「時間がない」

夫婦共働きと回答した1,443人に、「ご夫婦ともに仕事のある日の夕食に関して、どのような悩みがありますか?(複数回答可)」と尋ねたところ、悩みのTOP3は「料理をする気力がわかない」39.6%、「献立を考えるのが大変」37.6%、「料理をする時間がない」35.1%となった。

「料理をする体力がわかない」と「料理をする気力がわかない」には数字の開きがあり、体力よりもやる気の問題と感じている人が多いようだ。

<調査概要>
調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年2月13日~2月20日
調査委託先:株式会社ジャストシステム
調査対象:全国の既婚・就業者20~50代男女
サンプル数:1,754人
◇性別
男性:872人
女性:882人
◇年齢
20~29歳:449人
30~39歳:446人
40~49歳:442人
50~59歳:417人

出典元:かんたん宅食ガイドラクタさん

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年3月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「5インチ電子メモパッド付き計算機」、特集は「ミニマルライフ&ギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。